金持ちになる科学解説その3

金持ち科学

解説『お金持ちになる科学』その3

前回の記事

7章 感謝!

この章では「感謝」について書かれています。 少し前(2011年当時)まで、私はこの「感謝」というやつが いまいちピンときてませんでした。

「何でありがたくもないのに、感謝しなくちゃいけないんだ!!」 と思っておりましたし、 このサイトをはじめてからも、いまいちピンときてませんでした。 (参考:「感謝について」)

しかし、色々調べていると、この感謝というやつは (逆に、一番神から遠い感情は「絶望」か何かのようで、 怒りや妬みは悪いとはいっても、絶望よりはマシ)

なので、 エイブラハムシリーズでも 「あなたが高く評価したものが、一番早く実現する」 というようなことが書かれています。

なので感謝しましょうというのが、この章のポイントですが、 「そんなことできるかい!」という人が大半でしょう。 かく言う私も「良いことなんて無いのに、感謝なんてできるかよ」 と思っておりました。 そういう態度でいると、宇宙だか神だか、本来の自分だかが ”無理矢理”私に感謝させようとしてきたのです。

詳しいことは書けませんが、お金が何十万円単位でぶっ飛んだり、 腰が抜けそうになるほど感謝しなきゃいけないことが 色々と起きたのです(お金は感謝の気持ちが具現化したものです)。

というわけで、あなたも感謝せずにグチグチ不満ばかり言っていると、 宇宙だか神だかが、無理矢理あなたに感謝させようと してくるかもしれません。

お金が何百万円単位でぶっ飛ぶ、重病にかかる、家族に不幸が など、「失って初めて分かるありがたみ」みたいなことが 起きるかもしれません。

感謝をしようが不満を言おうが、どっちもタダなんだし 手間がかかるものでもないでしょうから、 嘘臭いと感じても、色々なことに感謝していきましょう。

あなたの周りの人、物、出来事は、 全てはあなたの拡大、成長の為だけに存在しているのだし、 はじめは「なんでこんな面倒なこと」と嫌々感謝していても、 段々と「感謝のコツ」みたいなものが掴めてきます。

そうすると、あなたが発した感謝の感情が宇宙に届き、 「作用・反作用の法則」によって、感謝の感情と同等のもの(お金とか)が あなたにハネ還ってくるのです。

※ちなみに、感謝の英訳はappreciation(高く評価すること)です。 色々調べた結果、やっと感謝の本質に近づけました。 (参照:感謝の本質) ここで書かれている感謝は、単なる「ありがとう」を連呼することではありません。 その辺については「ありがとう」の弊害を参照してください。

8章 ある法則に従って思考する

この章では、再びイメージの力について書かれています。

ただ頭の中で欲しいものをイメージするだけでは不充分で、 欲しいものの詳細をできるかぎり「明確」にして、 自分は既にその欲しいものを所有している、 自分は一歩一歩その欲しいものに近づいている、 という「確信」を持って イメージしましょうということが、この章のポイントです。

また、欲しいものが既に手に入っているなら、 それを神(=宇宙)に感謝しましょう、と書いてありますが、 便秘の時のように力んで感謝する必要は無いということです。

そんなにウンウン唸ってまでイメージしなきゃいけないってことは そこまで欲しいものじゃない、というわけです。

9章 意思の力の使い方

この章では、意識を使う時のタブーの一つである 「他人を変えようとするな」 について書かれています。

他のタブーとしては、 「他人や理想の自分と、今の自分を比較する」 「早く実現しろと結果を焦る」 などがあります。

これらのタブーをやると、疑いやイライラみたいな ネガティブな感情が次々とあらわれて、 作りかけのトランプタワーが崩れるが如く、 現実化されそうになっていたあなたの願望も、崩れ去ってしまうのです。

そんなわけで、どんな状況においても(これが難しいですが)、 良いことだけに焦点を定めて、 全てのものに感謝していきましょう、ということです。 長くなってきたので、今回はこのへんで。

次回に続く>>

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>