年収850万円の生活はどんなのか

年収850万円になると

年収850万円の生活

4月に昇給があり、私の給与も大幅に増えました。 2014年度は、年収850万円から950万円くらいの見込みで ようやく「年収1000万円」の大台が見えてまいりました。 (仕事もスコアゲームだと思うと、まぁ楽しいです)

今回はそんな、着実に年収を増やしていっている私の 生活スタイルについて書いてまいります。

1年くらい前に書いた「月収50万円の生活」と被る所 大いにありますが、 実際そうなんだから仕方ないです。

脱ユニクロ

年収がさらに増えていくと、さらに虚勢を張る必要がなくなり、 もはやユニクロすら買わなくなり、GUで服を買うようになりました。

ただ、GUはユニクロに比べて質があまり良くなく、 「安物買いの銭失い」という気がしないでもないですが、 ポロシャツや半パン、下着や靴下はワンシーズン着たら全部捨てるので、 別に安くても良いんじゃないかと思っております。

これは「東大卒」というブランドを身にまとっても ちっとも幸せになれなかった私の、ブランド信仰に対する ある種の反発心ではないのかと思ったりしますが、 安い服でもデザインの良いものが多々あり、 着たいから着ているし、ブランドも好きというのが実のところです。

食事内容

相変わらず麦飯を食べているのですが、 以前は米:麦=2:1だったのに対し、 現在は米:麦=1:1という割合になっております。

おかずは半額の刺身だったり納豆だったり大根おろしだったりで、 刑務所の食事の方が絶対豪華だと思うのですが、 私は好きで食べているので特に気にはなりません。

ただ、貧乏な頃にカップラーメンばかり食べていたため 「カップラーメン=貧乏人」という信念が形成されており、 ブラック企業から脱出してから現在に至るまでの2年以上、 カップラーメンは食べておりません。

ここ最近で私がやった、食に関する贅沢といえば、 清里で1000円のカレーを食べたのと、 ブルーチーズが好きなので、 ロックフォール、ゴルゴンゾーラ、スティルトンの3大チーズを イオンで買って一度に全部食べた (ロックフォールに至っては半額のやつを買い、 形が崩れて変な汁とか出ていたけど美味しかった)

これくらいです。

昔は「年収600万円になったらドンペリ飲むぞ〜!」 とか思っていたのですが、現在はとてもそんな気分にはならず、 いまだにドンペリを飲んだことありません。

ドンペリってどんな味がするのか、知ってる人教えてください。

使うときは使ってる

ここまで書くと、ただのケチのように思われるでしょうが、 お金を使う時は使っております。

たとえば、Amazonやブックオフやその他書店で 気になる本があったら即買いします。

買った本の9割くらいは価値の無いゴミ本で、 1度読んだら(新品でも)即ゴミ箱行きになるのですが、 残り1割は1冊に5〜10万円支払っても惜しくはない本だし、 情報ほど価値のあるものは他にはなく、 人間を変化させるのはモノではなく情報だと確信しているので、 この習性は変わらないでしょう。

また、新幹線に乗る時は必ずグリーン車に乗っています。 2000〜5000円程度高いですが、 それ以上の快適さがグリーン車にはあるし、 乗客の質も明らかに違うので、私的には満足しております。

あと「財布の値段×200=年収になる」という噂を聞けば ウソか真か確かめようと、銀座でヴィトンの財布を買ったりもしています。 (参照記事:徹底検証!「財布の値段×200=年収」の法則

こんな感じで、他人の評判などに惑わされず、 あくまで自分の興味がある対象にお金を使っている私ですが、 アニメグッズとかにお金を使う人達と本質的に全く変わらない、 これもう年収850万円と関係ないなと思ったりもしますが、

本当に欲しいものは自由に買えるし、 お金の幻想に惑わされることも少なくなったので やっぱ小金持ちでもいいからお金はあった方がいいよなぁ と考えております。

ここまで書いてきたことは前哨戦で、 一番変わったことといえば、寄付をはじめたことです。 寄付については、別の記事で詳しく書いてまいります。 (書きました

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>