キャリア(意味深)

仕事など何でもよい

解説『お金と健康』エイブラハム銀本 仕事編

前回の記事

今回からキャリア、つまり仕事や職業について書いていきます。

このサイトにおいても「仕事と転職」 などというコーナーで仕事や転職についてあれこれ書いておりますが、

働く上では仕事に対する態度というものが、 かなり重要になってまいります。

「仕事をする=お金」ではない

殆どの人が仕事を「金を稼ぐために嫌々するもの」と みなしているでしょうが、子供の頃から家や学校で 「あれをやれこれをやれ」 「あれになれこれになれ」 と、自分の意に反したことを命令され続けていれば…

「人から評価されるには嫌なことをしなきゃいけない」 「人から評価される=お金を稼ぐこと」 「お金を稼ぐには嫌なことをしなきゃならない」 という考えになるのも、無理はありません。

たとえ「俺はそんなことはない!」と否定しても、 心の奥底にはそういう考えがこびりついているものです。

その証拠に、今でも私はサラリーマンなぞやっております… きっと上のような洗脳が、まだ残っているためでしょう…

私の事例〜ブラック企業からの脱出〜

そんな私もブラック企業在籍時は今よりまだ酷く、 上のような考え方に100%染まっておりました。

その結果得られたのはお金ではなく、さらなる嫌なこと、さらなる苦しみだったのです。

散々ブラック三昧の日々を過ごした挙句、 もうこんな苦しみは沢山だったので、 藁をも掴む思いでこの銀本を読んでみると…

何と! 「今の職場でよい気分になりましょう」 「今の職場の肯定的側面を見つけましょう」(共にP.306) などと書かれているではありませんか!

「ふざけるな!何であんな糞会社で良い気分になれるんだバ〜カ!」 などと思ったのですが、 「”欠乏”という場所にいれば、いくら転職しても結果は同じ」 とも書かれておりました。

これには経験上、大いに心当たりある (私の仕事体験談参照)ので、 「チッ、しょうがねぇなあ」と思い、 当時のブラック職場の良いところ(マシな部分)を、「肯定的側面の本」などに列挙していきました。

※このとき注意してほしいのは、「上司が親切で優秀」などと、 心にもないことを無理やり書かない、ということです。これは本書にも書いてあります。

  • 家から近い
  • (職場にモラルが無いので)ネットサーフィンし放題である
  • 自然が綺麗
  • まぁ食うには困っていない

こんな感じで自分がマシだと思う部分を列挙していくと、 何故か分からないけど、 「まぁネットサーフィンしにいくと考えればいいか」 「ネットサーフィンして金がもらえるんだからいいじゃん」 と、考え方が変わり気分も少しマシになったのです。 (引寄せ云々においては、この”マシな気分になる”というのが とても重要!と分かったのは数ヶ月後)

そしてその数ヵ月後、本当にそのブラック職場から脱出することができたのです。

その間に特に何をしたという訳でもないのに、 何故か分からないまま、あれよあれよとコトが運んでしまいました。

要は、仕事に対する態度や定義が変われば、職場も変わってしまうということです。

現在、私は仕事、職場について、 @お金を稼ぐ手段の一つ、 A権力を振りかざすところ(ただし権力では幸せになれない)、 B暇つぶし(これが一番大きい理由)、 C精神を鍛える?修行みたいなことをする場所、 と考えております。

多少の抵抗はあるものの、 まあこの態度なら今の職場が合っているのかなあと考えております。

とにもかくにも、思考とそれに対する感情は、 ブラック時代と大きく変化したことだけは確かです。

引き寄せと仕事のまとめ

お金を稼ぐためには仕事をしなくちゃいけない =お金を稼ぐためには嫌なことをする必要がある

→ずっと嫌なことが続き、しかも貧乏のまま

どんな状況下においても「喜びを見出すこと」を一番の仕事にすれば、 気分は段々マシになっていき、状況は好転していく。

今の職場が嫌いならば、一体何をするべきか?

×嫌いな点や嫌な奴をいちいち指摘したり、 ブラック企業の被害者の気分でいたり、 恨めしく思ったり文句を言っていたりすると、ずっとそのまま。

◎「今いるところ」で、今の職場の肯定的側面を探したり、 「こうなったらいいなあ」ということを考えて、 少しでもマシな気分になれば、「どう考えどう感じるか」の 思考と感情が変化し、職場も変化してしまう。

次回はもう少し本書の内容について書いてまいります。

<追記>
ただ、私の場合は上手くいったのですが、 ブラック企業で過労死された方々の場合は 一体どうだったんだろうなどと考えてしまいます。

そういうことを考えると「ブラック企業許すまじ」 という気分になるのは、私が修行不足だからでしょうか。

もう一つ、こういった類の本には「全部自分のせい」「全部自己責任」なんて書いてありますが、 辛いときにこの思考にのめり込み、自分を責め続けると、鬱病を発症したりするので、 この辺はいい加減な私みたいに中庸(ほどほど)を行くか、 多くとも6〜7割くらいでやっていくのが良いと思います。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>