感情のギアチェンジ

段々上げていく

解説『お金と健康』エイブラハム銀本 仕事編2

前回の記事

前回に引き続き、仕事の箇所について書いてまいります。

仕事の件については前回で大体書いたので、 今回と次回は、当該箇所における気になったことを書いてまいります。

それではいってみましょう。

感情と行動とギアチェンジ

P.312に限らないことですが、本書では 「思考と感情を整えれば、少しの行動で大きな結果が出せる。 なのでお金も時間も足りないということはない」 なんてことがいたる所に書いてあります。

本当かよと思うのですが、私たちの生活の中でもそういったものは存在します。

それは皆さんご存知「自動車」というヤツで、 車を運転している人なら分かるでしょうが、 車の特徴の一つに「速度に合わせてギアチェンジ」という構造があります。 (MTAT問わず。CVTは知らん)

このギアチェンジと本書に書かれている「感情を整えれば少しの行動」 というのは、非常に似ているというのが、私の感想です。

〜トップギア〜
5.大いなる気付き、自由、感謝、高評価
4.希望、楽観、安心、満足
3.イライラ、不満、退屈
2.怒り、復讐
1.絶望、無力、自己嫌悪、罪悪感、恐れ
〜ローギア〜

上記のように、感情の段階をトップギア〜ローギアに例えると 次のようなことがいえます。

  • いきなり1速から5速にすることは無理。エンストする。 現在の速度に合わせて段々とギアを上げていく。
  • ギアを上げればさらに速度が上がり、 次のギアに変えることが容易になる。 ギアが下がればエンブレがかかり減速する。
  • トップギアで走れば、ガソリン(行動)は少しで済むし、何より速い。
  • 恐怖や強迫観念にかられて行動するのは、 高速道路をローギアで走るようなもの。 遅いしガソリンを食うし、最後にはエンジンが焼けてぶっ壊れる。

これはあくまで私独自のアイデアなので覚える必要ないです。 何でもそうですが、身に付けたいことを身近なものに例えた方が、 簡単に身に付くものだと私は思います。

じゃあ、どうやってギアを上げればいいのさという話になりますが、 それは本書を読んだり、このサイトを読んだり、望むこと考えたり、 人それぞれです。

一番効果的だと私が思うのは、今まで植えつけられた価値観、 社会的洗脳を一つ一つぶっ壊していくことだと思います。 『マトリクス』でいうところのエージェントをブッ飛ばす感じです。

そのやり方は新しい価値観で置き換えたり、 「もう苦しむのは沢山だ!」と、こだわりや価値観を手放すことだと 私は思います。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>