何をするかでなくどのような状態でするか

天国にも地獄にもなる

解説『お金と健康』エイブラハム銀本 健康編2

前回の記事

同じ感情なら同じ結果

次に2点目のまとめ。

これから、健康&ダイエットの章で一番重要なネタであり、 多くの人が見落としていることについて書いてまいります。

P.222のチャーチルやP.267、さらには青本のケース2にあるように、 「何をするか」という行動は、結果にはあまり影響が無く、 「自分の行動に何を感じるか」という感情こそが 結果に影響するというのが、どうやら真実のようなのです。

なので、ダイエットのために1000日間アイスを我慢しても、 それが苦痛で仕方なく、今の自分の体型に劣等感を感じて ダイエットしなければならないという強迫観念が動機となっているなら、 1000日間アイスを食べ続けるのと全く同じ結果となるのです。 (禁酒禁煙なども同じ)

逆に、喜びに満ちて1000日間アイスを食べることができるなら、 あなたの体型は喜びに満ちた理想的な体型になるということです、多分!

これはダイエット云々に限らず、全ての行為について同様で、 『ニューアース』の最後あたりにも「行動に情熱を注ぎなさい」 と書かれております。

この辺の内容が知識だけでなく、体験として実感でき、 自分が行う一挙一動に自由や喜びや情熱を感じることができるならば、

もはや「引寄せの法則でハッピーライフ☆」なんていう チンケで下らないことは考えないだろうし、 そういう人は既に「目覚めた人」であり、 生きながらにして天国(パラダイス)にいることでしょう。

そして皮肉にも?「引寄せの法則で幸せになろう」なんて 頭悪いこと考えている人間の願いは全く実現せず、 「目覚めた人」の願いは何故か実現してしまうのです。

※結局、この点においてエイブラハムもニューアースも 同じことを言っているのだと私は考えております。 しかし、多くの人が「引寄せの法則でハッピー☆」などと 勘違いしているのは、悲しいやら情けないやらです。

まぁこの辺は「あなたも望み通りの人生を送れる」だの 「あなたも大金持ちになれる」だの散々煽っている、 著者や出版社サイドにも問題があると思いますが…

もちろん!私はその域に達しておりません!!!!11 (でも時々なら)

嫌なことがあると腹を立てるし、面倒事があるときは 「何で俺がこんなことやらなきゃいけねぇんだ」 などと考えて不愉快な気分になってしまいます。

だからいまだにサラリーマンなんてやっているし、 結果の世界(五感で知覚できる物質世界)を結果の世界として眺め、 全ての行為に自由や喜びを注入するようになるための修行場が 今の職場なのかもしれません。

最後に、「自由」や「喜び」や気分良くなることの基準を、 他人の意見や社会通念や何らかの教義に置いてしまうと、 楽しくないし窮屈だし、何より自分にとって 全く良い結果にならないことを申しておきます。

あなたにとっての自由、喜び、情熱を決める基準は、 私でも自称マスター達でもましてや本書やこのサイトでもなく、 あなた自身が選択して決定することなのです。 (それは本書でも他のシリーズでもしつこく書かれております)

以上で銀本の解説はひとまずオシマイですが、 また気になったことがあったら追加で書きます。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>