身体に覚えさせる(意味深)

引き寄せ復習その2

引き寄せの基本その2 言葉では変わらない

前回の記事

前回に続き4年間を振り替えるの記事です。

2発目の今回は、「言葉では変わらない」について。

非常にラッキー

ブラック企業で苦しんでいた私が最早万策尽き、 今まで散々馬鹿にしてきた引き寄せ本に手を出したことは 折にふれて書いてまいりました。

で、最初に手にとったのが、 『ザ・マスターキー』と『エイブラハムとの対話』で、 生まれて初めて本を通販(Amazon)で書い、 しかも当時の私には新品は高くてとても手が出なかった(1600円)ので、 中古を買ったのは良い思い出です。

参考記事:解説「エイブラハムとの対話」解説「ザ・マスターキー」

それはともかく、私が非常にラッキーだったのは、 エイブラハム本(赤本)の中に書かれていた 「言葉は何も教えない。あなたの本当の知識は人生経験によってもたらされる」 という文章に注目できたこと。

初っ端でこれに気付けたのは非常にラッキーなことでしたし、

もしこの一文に気付かなかったら、私はただのスピリチュアル本コレクターと化し、 4年経った今もブラック企業で苦しんでいたことでしょう。

そして何もかも上手くいかず、 腹いせに2ちゃんのオカ板とか潜在意識ちゃんねるとかを荒らす「楽しい毎日」を 過ごしているのではないでしょうか。

自分の体験に落とし込んでこそ

そういう訳で、他の記事でも散々書いているように、 引き寄せ本とかの効果が出るのは、本を読んだ時ではなく、 自分の体験(感覚も含む)に落とし込めた時です。

これが理解できないと、ただ本の内容を頭に詰めれば人生が変わると勘違いし、 ずっと同じ所をグルグル回ることになります。

「言葉は何も教えない。あなたの本当の知識は人生経験によってもたらされる」 という言葉自体にピンと来ない人は、小学校のときに逆上がりができたとか、 自転車に乗れるようになったとか、免許を取るときに散々やったクラッチのさじ加減とか、 そういうのを思い出していただければ結構で、大体あれと同じ感覚です。

要は一見座学と思われるような引き寄せ系も、自分の身体に覚えさせなきゃ意味が無いということで、 私は受験勉強&進振りの為の勉強で散々やってきたので、その辺のベースができていたのかもしれません。

今回のまとめ

  • 実際こうやって記事を書けば分かるが、自分の感覚とそれを表現する言葉との間には結構な乖離がある。
  • しかも言葉はかなり限定的で、言葉だけで感覚や体験の全てを表すのは不可能。
  • なのでただ頭で理解するだけでなく、読んだ言葉を自分の感覚や体験に落とし込む、変換する必要がある。
  • 自分の感覚や体験に落とし込もうとすれば、はじめはピンとこなくても「あ、これか!」と気付くことがある。
  • そうやって気付いて初めて、本の効果が出てくる。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>