思い込みが現実になる

引き寄せ復習その3

引き寄せの基本その3 自分が正しいと思えば正しい

前回の記事

4年間を振り替えるの記事3回目です。

今回は、自分が正しいと思えばそれが正しいについて。

引き寄せ難民

苦し紛れに引き寄せ本に手を出し、それを適当に実践した半年後、 本当にブラック企業から脱出できたことは今まで散々書いてきた通りです。

ブラック企業から脱出できたは良かったのですが、 引き寄せ本の効果(「引き寄せの効果」ではないことに注意)にビックリした私は、 「これは凄い!色々な本を読んでどんどん知識を詰め込めば、 俺の人生バラ色になるに違いない」などと思い、 怪しい本を何十冊何百冊と読み、珍妙な理屈をこね回していたのですが…

変な知識がついただけで、ちっとも変わりませんでした (ちなみに殆どの本は捨てた)。

前回の記事に書いた通り、本の内容を自分の体験に落とし込めたまでは良かったのですが、 その後の私は「スピリチュアル本コレクター」「引き寄せ難民」と化し、 本の内容に振り回されていたのでした。

本や他人の意見というのは、自分の人生を創るための「道具」に過ぎません。 ありがたがって崇拝したり、ベッタリと依存したり、 次から次へとコロコロ変えて振り回されるだなんて、本末転倒です。

もしミケランジェロが彫刻の道具、ノミやハンマーをありがたがり、 コレクションなんかしちゃったりして、 ノミやハンマーをお祀りして毎日お供え物とかしていたら、 数々の傑作は世に出たでしょうか。

結局、自分の人生を創るのは自分自身だけです。 人生を創るのに道具は必要で、かなり重要なものではありますが、 道具が人生の主体となってはマヌケそのものです。

あまり人のことは言えませんが、所謂引き寄せ難民の方々は、 大層マヌケなことをやっていること、 自分の人生を創造するのは道具ではなく自分自身だということに 早く気付いてください。

自分の思い込みが人生を創る

まぁ気付けといっても、こんな記事を読んだだけで 「ハッ!そうだったのか!」なんて気づく人、あまりいないでしょう。

ここは私のように、実際に苦しんだり痛い目に遭って、 その結果自分が何を考え何をしているか気付くのが一番だと思います。 (まあ苦しむ必要なんて無いのかもしれないけど)

ちなみに私が「道具に依存している状態」に気付き、 何とマヌケなことをしていたんだと気付いた頃に書いた記事は、 上品な当サイトに似つかわしくない、カオスかつ混乱した内容となっております。

それはともかく、結局何が言いたいのかというと、 自分が考えていること、それも自分が(無意識の状態で)思い込んでいることが、 自分の世界では正しく、その通りに人生は創られていくということ。

他人の意見は他人の思い込みだし、本の内容というのも著者の思い込みに過ぎないし、 この記事に書いてある内容も、私の思い込みに過ぎません。

ただ、思い込んでいる本人にとってはそれが正しく、 当人の人生はその通りに進んでいくということです。

これが引き寄せなのかどうかは私には分かりませんが、 とにかくそうなるということですし、私の人生は実際そうなってきました。

なので、どうせ思い込むなら自分にとって都合の良い思い込みをした方がよろしい。

「人間の思い込みなんて簡単に変えれるぜ」なんて思い込めれば、 思い込みも簡単に変わっていくもので (事実、宗教団体による洗脳等、簡単に思い込みが変わる数々の事例が存在する)、

あとは「適当に生きてりゃ金が入ってくる」とか「仕事をサボれば出世する」とか 「酒やタバコを飲んだら健康になる」とか 「チンチ◯ンを鍛えれば女にモテる」とか、 どうせ思うだけならタダだし逮捕されたりもしないので、 好き勝手に自分の良いと思えるものを自身にインプットすれば良いのです。

それが進んでいくと、現在の私の様に、あんまり言葉による思考を用いずに、 波動というか感覚のようなものを感じ、それに従っていくことになると思いますが、 それはまた別のお話。

今回のまとめ

  • 自分が正しいと思えばそれは正しい。本とか他人の意見は本質的には関係ない。
  • 今の状況は自分の思い込みの結果が顕在化したもの。
  • なので状況を変えるより思い込みを変える方が楽。
  • まずは自分にどんな思い込みがあるのか気付こう。
  • 「常識」とかいうものにとらわれず、好き勝手に思い込みをしよう。
  • 本を読んだり他人の意見を聞く際は、自分にとって都合の良いものだけを採用しよう。 採用したものがあなたの現実になる。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>