人間関係と引き寄せ

職場と引き寄せ

解説エイブラハム青本 ケース6&7

前回の記事

今回はケース6とケース7について。

本質的にはどのケースも同じなので(しかも人間関係が多い!)、早くも飽きてきましたが、 やると決めたので最後までやります。

※前回と同じ文章じゃないか!

ケース6 夫が運転中の私に口出しする イライラする

当該ケースでまずいえることは、ケース4の片付けと同じなのですが、 イライラした場所からは解決策は見つからないということで、 イライラした状態で行動(相手に抗議etc.)しても、さらにイライラさせられるだけ ということです。

これは引き寄せ云々に限らず、身に覚えがある人多いのではないでしょうか。

また、「夫は”どうして”口出ししてくるのか」とかいって原因について考えていても、 現状を固定化させるだけというのも、以前書いた通りです。

※ちなみに「固定化」というのは、ずっと同じ考え方、同じ方向に意識を向けているので、 ずっと同じ状況だということ。本当はこの物質世界は常に変化している。

じゃあ何をすれば良いのかというと、他人を変えることでも、自分の行動を修正することでもなく、 今まで書いてきた通り、今いる場所で「拡大した自分と調和する」だけです。

それだけで、何か知らんけど、状況は変化していくのです。

しかし、車の運転くらいでグチグチ言わなくても良いと思うのですが…

青本の33ケースの中には、明らかに著者に限ったケースだろうというのが見受けられます。 当ケースとかケース18とか。

まぁ一番強烈なのは最後の(以下略)。

ケース7 職場が楽しくない どうしていいか分からない

ブラック企業で苦しんでいたとき、当ケースを初めて見たときは、 「今の俺と同じことが書いてある!きっと俺を苦しみから救い出してくれることが書いてあるに違いない!」 と思ったものです。

しかし書いてあることは他のケースと同じく「今いる場所でマシな考えをして気分良くなりましょう」 だったので、「何だこりゃあ!書いてあること同じじゃねえか」とえらくガッカリしたのを覚えています。

なので当ケースについてはあまり読んでおらず、前に書いた通り、ひたすら金に関するケースばかり 読んでおりました。

今読み返してみると、

  • 楽しくない現状に反応して「楽しくない」と感じていると、どこへ行っても楽しくない。
  • 私の波動の中で最も活性化されたものが物質世界に反映され、 反映された出来事が起こり続ける
  • ただ、望まないものをず〜っと見ていると、非物質界の私がもっと拡大し、 自分が望むことがもっと明確になる。
  • 少しでも拡大した自分に波動を合わせる、今の場所で少しでもマシな考え方をする。

とのことで、やっぱり他のケースと同じなのでした。

ぶっちゃけるとブラック企業にいた当時は、銀本の「肯定的側面の本」を 作っていて効果があったので、仕事に関しては銀本の方が私には効果的だったということです。

まあ、肯定的側面の本だろうが考え方を変えるだろうが、やっていることは同じ(拡大した自分と調和する)で、 最初は慣れなくとも、段々とその思考が今までのワンパターンよりも優勢になっていき、 そして人生は好転するということでございます。

なので、仕事で苦しんでいる人や、考え方を変えるなんてややこしくて嫌だという人は、 「あれをやるべき/あれをやるべきでない」という今までの自分自身の固定観念を超えた、 何か新しい、気分の良くなること(もちろん犯罪以外)をやってみてはいかがでしょうか。

それをやって少しでも気分が良くなれば儲けものだし、 自分を縛り付けていたのが自分の固定観念だけだったということが、 おぼろげながら分かると思います。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>