引き寄せ

マシな気分

引き寄せについて改めて考える3

前回の記事

前回は、

  • 引き寄せ界隈は文盲の乞食ばかり。
  • 乞食はずっと乞食のまま。
  • 乞食から変わるには、「今」「なりたいもの」になる。
  • なる方法は自分で訓練して編み出せ。

という、至極真っ当なことを書きました。

今回は、この訓練についてもう少し書いていきますが、 これはあくまで私個人が体験したことであります。

ちょっとマシな気分に

前回の記事では、

祈り求めるものは、全て既に得られたと信じなさい。そうすれば、その通りになる。

なので、

  • 金が無い状態でも、今、金持ちの状態になる、金持ちの感覚を味わう。
  • 体調が悪い状態でも、今、全快した状態になる、健康の感覚を味わう。
  • ブラック企業で苦しんでいる状態でも、今、脱出した状態になる、自由になった感覚を味わう。

こうすればおk、こうすれば「現実」とやらもつられて変化していくと書きましたが、 これが簡単にできれば苦労しないし、 簡単にできるようになるために、本を読み、ひたすら訓練を積むわけです。

で、その訓練の第一歩についてですが、 目の前にある「現実」の影響を受けずにイキナリ上の状態になるのは難しいし、 現実を無視する(無視する「フリ」になって無駄)とか、本音を偽って無理矢理良い気分になろうとしても、 結局ドツボにハマるだけなので、

まずここは、エイブラハムシリーズで散々言われている、 「今、少しマシな気分になる」「今、少しホッとする」 を目指すのが最上の策だと思います。

  • 今いるところが今いるところ。今感じていることが感じていること。それでOKだし、それしかない。(銀本や青本)
  • あなたがどれだけ気分よく感じるか、どれだけ早く良い気分になるかは問題ではない。 唯一問題なのは、どんなに些細であれ、あなたが意識的にホッとする感覚を見いだす、ということなのだ。 そして、そのホッとする感覚が、あなたの意図的な努力の結果もたらされたことを理解することなのだ。 ホッとする感覚を意識的に見いだすことができるようになるということは、 自分自身の経験を創造的にコントロールする力を取り戻したことを意味するからだ。 そのときあなたは、行きたいところに行く途上にある。(『365』の205)
  • あなたは熱を感じなくするために、指先を無感覚にするようなことはしない。 また、ガス欠を見るのが嫌だからといって、車の燃料メーターにスマイルマークのステッカーを貼ったりはしない。 それと同じで、自分自身の感情を覆い隠し、偽の感情を感じているふりをしたいとは思わないだろう。 そのようなふりをしても、あなたの引き寄せの作用点は変わらないからだ。 それを変える唯一の方法は、自分が出す波動を変えること。そうすれば、あなたの感じ方も変わる。(『365』の194)

このように書かれている通り、自分が今いる場所や、今考えていること、今感じていること、 つまり「今の状態」からスタートして、そこからちょっとでもマシな気分になれば良いのだし、 マシな気分になる方法については、青本や銀本に散々書かれている通りです。

※青本なぞは最初から最後まで全編、「マシな気分になる方法」についてである。 ただ、これら青本等に書かれている方法は、あくまで一例なので絶対視しない方が良い。

悟り系の出番

というわけで、上記のように青本、赤本、銀本あたりを何度も読んでその内容を実践していれば、 ブラック企業を脱出できたり金をゲットしたりと、何らかの効果が出るとは思うのですが、

あまりに「良い気分/悪い気分」「マシな気分」に固執していると、 引き寄せなんかやっていても逆効果になるし、いずれ行き詰まりを感じてしまいます。

そういう時こそ『ニューアース』をはじめとする所謂「悟り系」の出番で、 ああいう一見すると意味不明なのをウンウン唸りながら読んでいると、

  • 究極的には良いも悪いもない。全てがただ「在る」だけ。
  • そういう本質が分かるまでは苦しみが続く。
  • ただ、そうはいっても、「小さい私(エゴ)」はモノ、出来事、他人、感情etc.に対して、 良し悪しの判断をする構造を持つ(エゴや判断の構造自体は悪いことじゃない)。
  • 全ては同じであり「今」しかないので、 「祈り求めるものは全て既に得られたと信じる」ことも大して難しいとは感じなくなる。
  • 最終的には「諸行無常」「ただ放っておけばおk」みたいになる。

一例をあげるとこんな感じになり、(あまりに執着が強いとかの)人によっては、 これらを実感した後に引き寄せに手を出した方が良いかもしれません。

まぁ、『ニューアース』なぞ読まずとも、 引き寄せ系の本にもエゴが殆ど存在しない人?の描写はあり、 『サラとソロモン』のソロモンはその一例でしょう。

なのでニューアースが意味不明な人はサラとソロモン読んで、 「ソロモンみたいなのがエゴの無い状態なんだな」と参考にすれば良いとは思うのですが、 あくまで参考で、あのようにならなければいけないわけでもないし、 引き寄せ系だけしか読んだことない人には、あれも意味不明な内容かもしれません。

以上、「少しマシな気分になればおk」「行き詰まりを感じた人は悟り系に手を出せばよい」 ということでしたが、

私が思うに、効果が出ない人間の大抵は「行き詰まり」でも何でもなく、 本をナナメ読みしただけとか、本の内容を全く理解していないとか、そういう知的な原因、 受験で不合格になる人間と同じく「ただの訓練不足」だと思うので、 自分が選んだ本を繰り返し読んでください。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>