引き寄せ

私のスタンス

引き寄せについて改めて考える8

前回の記事

前回は、ザ・シークレットとかマスターキーとか、その他の引き寄せ本について 好き勝手に書きました。

今回は、(多分)最終回なので、 引き寄せおよびスピリチュアルに対する、 現在の私のスタンスを書いてまいります。

自分でいうのも何だけど、引き寄せとか大好きな人にとっては、 極めて「面白くない」内容となっております。

引き寄せはあくまで趣味の世界

賢明な読者の方々なら当サイトを読んで既に理解されているでしょうが、 当サイトは私の趣味の範囲で書いているものであり、

「引き寄せ」についても2011年にハマって以来、 あくまで趣味の範疇でおこなっているものであります。

どういうことかというと、何だかんだ言いながらも、 ブラック企業を辞めて失業保険と貯金崩してブラブラしていた 2012〜2013年の1年間を除いてはずっと働き続けていたし、

ブラブラした後に就いた現在の仕事も 「そろそろ辞めようかな」と思いながらもまだ辞めておりません。 (いずれは辞めるのだろうけど)

要するに、私は「食うための手段」「充分な資産」を確保した上で、 引き寄せやスピリチュアルを「趣味の範囲」でやっているわけであり、

引き寄せとかスピリチュアルなんて、その「趣味」程度で充分、 別に人生のメインに置いてやるものではないというのが、 現在のスタンスであります。

なので、たとえば若い人から「幸せになる近道は?」と聞かれたら、 「引き寄せが〜」「スピリチュアルが〜」などと答えずに

「真剣に勉強して真っ当な大学(できれば地方国立以上)に行き、 教養を身に付けてキチンと卒業しなさい。 そうすれば、とりあえずは食うに困らなくなります」

と正直に答えます。

食うに困らない、とりあえずの生活ができてこそ、 夢を追ったり趣味に打ち込めたり、それ以上を望めるのですから。 (大体、引き寄せやスピリチュアルよりも、 こちらの方が簡単かつ確実ではないか)

何か、あのジーン・シモンズと同じようなことを書いておりますが、 「夢を見たり追っかけるのは良いけど破れた時の備えをしておいた方が良い」と私は思うわけで、

「備えあれば憂いなし」という言葉もあるし、私ですらそうしているんだから、 学歴も脳ミソも無いキラキラハッピーなスピリチュアル信者さんは尚更ではないかと思うのですが、 該当者から袋叩きにされそうなのでこの辺にしておきます。

※一つ確かなのは、「あくまで趣味、お遊びだぜ」というスタンスの私の方が、 「○○様のお告げにより会社辞めました!毎日がハッピーです! これからはキラキラ☆ハッピーに人生かけていきます!!」 とやっている連中の大部分よりも、確実に成果を出しているということだ。

セミナーは厳禁

以上のような感じで趣味としてやっている引き寄せ等ですが、 これについてもバイクやフィッシングといった他の趣味と同様、 多少の金はかかり、その大部分が本や教材の購入費となっております。

かくいう私も、『ザ・マスターキー』と『エイブラハム赤本』を中古で買って以来、 様々な本やら教材やらを購入してきました。

※その殆どを捨てたのは当サイトで書いてきた通り。 高いのだと4万円くらいの教材を株で儲けた金で買ったことがある。

そんな無節操に色々と手を出してきた私ですが、 一つだけ手を出していないものがあり、それはセミナーの類であります。

「私は集団生活が大嫌い。セミナーなんていう、カルトやネズミ講の入り口みたいなものには行かない」 と、当サイトを開設した2011年の記事にも書いていますが、そのスタンスは現在も変わっておらず、

そもそも「人生を好転させる素」みたいなものは、 外部ではなく当人の内部にあるので、 本や教材等の文章を読めば充分に好転させることができるし、 それ以外のことをやっても無駄であると考えております。

それは引き寄に限らず悟り系とかでも同じで、 たとえ「エックハルト・トールと語る夕べ」なんていう集会があっても、 答えは本に書いてあるから今更聞いたり質問することなんて無いし、 人混みに紛れてヤンヤヤンヤと騒いでも何の得にもならないので行きません。

「考え過ぎだろう」と思われるかもしれませんが、 集団による洗脳の力を見くびっちゃいけない、

「絶対チ○ポなんかに負けたりしない!」と固く決意しても、 即落ち2コマになって金を注ぎ続けてしまうのがスピリチュアルや 自己啓発のセミナーであると私は考えているので、

現在でもそういうのには近寄らず、距離をとっているのであります。

まぁ、これはあくまで私の考えなので、 行きたい人は行けば良いんじゃないでしょうか(無責任)

まとめ

  • 引き寄せやスピリチュアルは、人生を豊かにするスパイスみたいなもので、脇に置いて趣味でやるもの。 人生のメインとしてやるものではない。手段と目的を混同しちゃいけない。
  • ただ、そういうものに頼らざるをえなくする日本の労働環境や同調圧力等もどうかと思う。
  • 無理矢理やらずとも、辞めるときは「自然に」辞められるし、自由になるときは「自然に」なる。
  • 大抵は書籍等の文書で事足りる。文書を読んで理解できない人間は何をやっても無駄。
  • 教材は最高でも3万円くらいまで。無理に買う必要はない。金に余裕があるときに買えば良い。
  • でもセミナーだけは絶対にNG。たとえ無料でも。
  • 私が集団生活大好き、セミナー大好きという性格なら、今頃ケツ毛バーガーまで毟られて乞食になっている。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>