引寄せ初心者にありがちなこと

偉そうにアドバイスかよ

「引き寄せ」初心者へのアドバイス

2chのニュー速VIPかどこかの板で「ザ・シークレット」が流行って、 Amazonの在庫が品切れになったとのことです。

「へ〜、あれだけベストセラーになったのに、まだ知らない人がいたのか」 と、意外な気分になると同時に、『ザ・シークレット』を初めて手に取った彼らも、 以前の私と同じ過ちを犯すのかなぁ、と思ってしまいました。

そこで、今回は『ザ・シークレット』や「引き寄せの法則」 関係の情報を初めて知った初心者に向ける、私からのアドバイスです。

私も初心者ですが、やり始めたばかりの人特有の失敗がありますので、 その辺をちょっと書いていきます。

「欠乏」の立場から願っても無駄

この失敗が一番多いんじゃないでしょうか。 願ってるけど、全然実現しねぇじゃねーか!!」みたいな。

前回の記事に書いた通り、 私がやらかした失敗です。

「願えば引き寄せられる」「思考は現実化する」 ということを初めて知って「スゲー!」と思った私は、 早速、紙に「300,000,000円」と書いて、 毎日必死に拝んでいたのですが、ちっとも実現しないので 「インチキだ!絶対に許さないよ」と怒って止めてしまったお話です。

いくら紙に書いたり、毎日お経のように唱えても、 「欠乏」という立場からお願いをしていたのでは全くの無駄、ということです。

欠乏の立場とは、こういうことです。

「今の俺は不幸だ!!だって○○が不足しているから! ○○さえ手に入れることができれば、俺は幸せになれるんだ!!」

○○は、お金、学歴、他人からの評価、彼女、欲しい物等、 何でも良いのですが、とにかく、 「自分には欠けているものがあり、それを満たせば幸せになれる」 という態度で望んでいては、いつまで経っても実現しないのです。 逆に「自分に欠けている」と思っている状況を引き寄せ、 今の状況を悪化させるだけです。

じゃあどうすりゃいいのか。 信じられないかもしれないし、すぐにはピンとこないでしょうが、 まずは「今現在の自分は幸せだ」と幸せを実感し、 既にあるもの、自分が持っているものに対して感謝するのです。

そうやって「良い気分」になれば、「良い気分のスパイラル」が起きて さらに「良い気分」を引き寄せ、願望が実現していくのです。 ですので、まずは「今いるところ」での幸せを実感し、 良い気分になることを心がけていきましょう。

もう一つ付け加えておくと、「欠乏」から願いをしている人は、 「〜が欲しい!!でも…、いやいや、やっぱり欲しい!!」 みたいに、「でも…」という言葉が頻繁に出てきます。 最初から「引き寄せの法則」や「自分自身」を信じていないし、 自分の立場に不満を持っているのです。

そこで、願い事をするときは、「でも…」ではなく、 「なぜなら…」を使いましょう。

「私はお金が欲しい、なぜなら、もっと人生を満喫できるから」 「私は東大に合格したい、なぜなら、より知的な領域に踏み込んでいけるから」 こんな感じで「〜したい、なぜなら、もっと楽しくなるから」 と、「更に楽しくなる」という立場で欲しい物を願っていれば、 最初は空しく聞こえるかもしれませんが、 少なくとも「欠乏という立場から実現を願う」ということからは 脱却できるので、是非とも実践してみてください。

シークレットは初心者向きでない

とまぁ、上記で私が書いたことは、エスター・ヒックス氏が 既に同じようなことを述べていらっしゃるのですが、 彼女は『ザ・シークレット』には出演されていません。 本来、ヒックス氏は『ザ・シークレット』の中核メンバーに なるはずだったのですが、イザコザがあり、抜けられてしまいました。

『ザ・シークレット』はまとめ本としては良い本だと思うのですが、 結構大ざっぱで「どこが重要なのか良く分からん」という印象を 受けてしまい、私のような失敗をする人も多いのでしょう。

ですので、『ザ・シークレット』を読んで、 「俺も引き寄せで人生変えるぞ!」と思った人は エイブラハムシリーズを読んでみてはいかがでしょうか。

私的には、事の顛末が書かれている赤本と、 「許容し可能にする術」が詳しく書かれている青本がおススメです。

半年も続けてりゃ、私のように意識が変わり人生が変わっていきます。 この手の話は書こうと思えばいくらでも書けますが、長くなるのでこの辺で。

<追記in2015>
何だこの記事!馬鹿が知ったかぶりで書いたような記事ではないか!! まあ、初心者はこの辺から始めるのが良いでしょう。 それで、「ちっとも上手くいかない。引き寄せ(笑)なんてインチキだ!!」 と挫折すれば良いと思います。そこからがスタートでしょう。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>