抑圧されたイドを解放する

欲求不満と抑圧

実践!イドの解放

エゴ、イド、スーパーエゴ

人間の意識には3つの種類があると、昔から フロイトか誰かが提唱した心理学では言われてきました。

それがエゴ、イド、スーパーエゴというやつです。 氷山に例えて図に表わすと、多分下図のようになります。

エゴとイドとスーパーエゴの図

エゴは自分で意識可能な領域の意識(顕在意識、少数派)、 イドは自分で意識不可能な領域の意識(潜在意識、心の大部分)、 スーパーエゴは「道徳観」や「良心」といった観念で、 主にイドを抑圧する意識のこと。

そんな心理学上の講釈はどうでもよくて、 ここで言いたいのは、「抑圧されたイドを解放しましょう」ということです。

抑圧からの解放 実践法

やり方は簡単です。

1.まず紙を2枚用意します

2.1枚目の紙に、自分が不満に思っていること、不安なこと、嫌な奴等... とにかくマイナス、否定的な心境を、紙に正直に書きます。 制限無しで、正直に書くのがポイントです。

3.書いている最中、書いた後で読み返してみて、嫌な気分に浸ります。 読み返したり嫌な気分に浸ることで、自分を抑圧しているものを明らかにします。

4.次に、不満を持った現状をどのように変えていきたいか、 自分の欲しいもの、なりたいもの、やりたいことなどを、 2枚目の紙に書いていきます。 書きながら自分の願望が叶ったような気分になり、 良い気分になるのがポイントです。

5.1枚目の紙はビリビリに破って、2枚目の紙は持ち歩きましょう。 (本当は燃やすのが良いらしいですが、燃やすと火事になります)

以上です。 再び不安な気分になることがあったら、 また上記の手法を1から行なえば良いのです。

効果のほどは

自分が望むことを書いて、その気になるというのは よくある手法ですが、その前にネガティブなことを書いて 嫌な気分になるというのが、この手法のポイントです。

自分を抑圧している、押さえつけている意識を明らかにしてしまえば何とでもなるのです。 私も何度かやりましたが、確かに自分が恐れているものの正体が 明らかになれば、それほど怖くなくなります。

自分の望むことだけを書くよりは、倍以上の効果があると、私は感じました。 金のかかることでもないし、手間もさほどかからないので、 やりたい人はやってみてはいかがでしょうか。

※上記の手法は『宇宙スイッチ』という本に書いてありました。 良い本なのですが、絶版です。

宇宙スイッチ

宇宙スイッチ

宇宙スイッチ

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>