本当の感謝とは

ありがとう詐欺

感謝の本質

「ありがとう」の押し付け

自己啓発やアフィリエイトの世界に足を突っ込んでみた私が まずビックリしたのは、「ありがとう」の氾濫でした。

ネズミ講まがいのアフィブログ、メルマガ等では、 現在でも「ありがとうございますありがとうございます」と、 壊れたラジオの如く「ありがとう」が氾濫しています。

私が「感謝」というものについて、一種の胡散臭さを感じたのは、 胡散臭いアフィリエイトに関わる人間が「ありがとう」の押し付けを してくるからであり、そういう文面を見る度に、熊本で見た 「天下一家の会」のピラミッド状の建物を思い出したものでした。

そして、「詐欺師のくせに何が”ありがとう”やねん。馬鹿と違うか」と呆れ、 「ありがとう=カモになって」ということだと理解していました。

”gratitude”と”appreciation”

そんなわけで、「感謝」というものについて胡散臭さを感じていた 私ですが、引き寄せ系の英語の動画を見ていると、 ”appreciate”という単語が頻繁に耳に入ってくるのでした。

「あれ?感謝ってgratitudeじゃないの?」と思ったのですが、 当時は面倒だったので、何も調べず放っておきました。

その後、何の気なしにエイブラハムシリーズを読んでいると、 gratitudeとappreciationの違いについて書かれていたのです。 (『お金と引き寄せの法則』306ページ)

詳細は省きますが簡単に言うと、 appreciate(高く評価)することが、思考を実現化できる一番の方法だ ということだったのです。

一体これはどういうことなのでしょうか? アフィリエイトで氾濫している、口先だけの「ありがとう」は 全く効果無いということなのでしょうか。

そうなのです。 引き寄せ系やマインド系で頻繁に使用される「感謝」は 「ありがとう」ましてや口先だけの「ありがとう」ではなく、 「うぉーーー!!すげーーー!!」などの 喜びに満ちた驚きの感情のことだったのでした。

ありがとうコインの表
前に清里で買った「ありがとう」コイン

ありがとうコインの裏
コインの裏側

うぉー!すげー!」こそが、感謝の本質だったのです。

「感謝」は「ありがとう」じゃなくてOK

もうお分かりでしょうが、心で思ってもいないのに いちいち「ありがとう」などと言う必要は全くありません。

もちろん、人から親切にされて「ありがとう」と言うのは大いに結構なことです。 しかし、メルマガを書いてありがとう、アフィブログを書いてありがとうなど、 「ありがとうありがとう」とボケ老人の如く繰り返すのは、 全くの逆効果な気がするのです。

それよりも、日の出や日没の景色を見て 「太陽が昇ったり沈んだりする様は美しい、まさに奇跡だ!」 と感動したり、海や山に行って自然の美しさに心を打たれる方が、 よっぽど「健康的」だということです。

欲しいもの、起きてほしいことがあるなら、それらがいかに素晴らしいか、 それらに対して、自分がどれほど高く評価をしているか、 紙に書いたり、考えてみれば良いのです。

そして「これが実現したらすげー!」と良い気分になれれば、 どんな形であれ、あなたの願いは実現に近づいていくのです。

かつての私のように「3億円ありがとう」などと繰り返すより、 よっぽど効果があるので、試してみてください。

<追記>

書き忘れましたが、不満のある現状を変えたいと考えている人が 一番感謝(高い評価)をすべき対象は、「自分自身」と「今現在、自分がもっているもの」 だということに注意してください。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>