あなたとは何か

全体

解説『ザ・シークレット』その9

前回の記事

第9章 あなたの秘密

前回も書きましたが、今回この章を読み返してみて分かったことは、 前章とこの章、特に本章をきちんと理解していないと、 3章、4章などのメソッドは、殆ど効果が無いということです。

なので、イントロダクション(1章&2章)を読んだ後は、 すぐに本章と前章を読んだ方が良いと思うのですが、それは人それぞれなのでしょうか。

全てはエネルギー

「全てはエネルギー」という話は、最初あたりに持ってきた方が 良いような気がしますが、本書では何故か終わりから2番目の章に 書いてあります。

それはともかく、物質もエネルギーだし思考もエネルギー、 あなたも私も、あなたの目の前のPCも、ディスプレイの光も、 万物は全てエネルギーなのです。

認識できるエネルギーの範囲
私たちが目で見ることのできる電磁波(エネルギー波)なんて、たったこれだけの範囲

で、望むことを考えると、思考エネルギー波の周波数が 望む物と同じ周波数になると本書には書いてありますが、 この辺は本当なのかどうか、私には分かりません。

ただ、否定できる確固たる証拠も無いので、 「そんな感じなのだろうなぁ」と思っています。

全ては一つ

P.258からは、全ては一つ、いわゆる「ワンネス」のお話。 全てはエネルギーなので、全ては一つだということらしいですが、 ビッグバンが起きる前は、宇宙も1つ?だったりしただろうから頭では何となく理解できます。

でも、「全ては一つ」なんてことを実感するためには エゴを全部捨て去る=死ぬ必要がある気がして仕方ないのですが、 そう思ってしまうのは私がまだ未熟だからでしょう。

※『エイブラハムとの対話』には 「全てのものを高く評価できるようになれば、別に死なんでも宇宙と一体化できる」 と書かれていますが、今のところできていません... 全てのものには良い側面と良くない側面があり、良い側面だけを 評価すればOKと頭では分かっているのですが... (2015年に実感はできた)

それはともかく、何で「全ては一つ」を実感した方が良いかというと、 「全ては一つ=あなたは宇宙と一体=無限力」ということだから。 過去にとらわれたり、望まないことに集中したり、 全ては一つなのに他人と比較して妬んだりするから、 私を含め、殆どの人は無限力を活かすことを自分で妨げているのです。

また 「大金持ちになりたいけどできない」 「理想の人物像になりたいけどできない」 「希望の大学に入りたいけどできない」 「行きたいところがあるけどできない」 「欲しいものがあるけどできない」 なんて考えてしまうのは、

望むもの、望む状況が「今こことは別世界にある」 などと思い込んでしまうためではないでしょうか。

全ては一つでつながっているのだから、 自分が望むものも、今ここと同じ世界にあるのです。 ですので、P.266に書かれている通り「今ここ」から始めれば良いと思うのです。

「今ここ」から始めて、適切な思考を身に付ければ、 自分には力があるということが認識でき、 P.274に書いてあるように本書や、他のものから 願望実現のインスピレーションを受けることになるのではないでしょうか。 ともかく、この章を理解していないと かつての私の様に「3億円ありがとう」とやっても何の効果も無いことは確かです。

以上、半分以上自分自身に言い聞かせる内容となってしまいましたが、次回は最終章です。

最終章に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>