魔法の言葉とは

小冊子

徹底検証!魔法の言葉連呼2

前回の記事では、50日間 「魔法の言葉」というものを連呼して、 100万円程度の利益をゲットしよう!ということを書きました。

前回はルールを書きましたが、 今回は先日届いた小冊子や図書館で借りた本について、少し触れてみます。

これが先日届いた小冊子。 Amazonや書店には売っていないので、楽天で取り寄せとなりました。 400円+80円、楽天ポイントで支払ったので、実質タダです。

ツキを呼ぶ魔法の言葉小冊子
ジックリ読んでも数十分で読める薄さ

書かれている内容は、「魔法の言葉」を使いはじめて人生が好転したというお話で、 気になったのは、言葉を使うタイミング。

ありがとう:頭にくることや嫌なことが起きた時に使う
感謝します:こうなってほしいと思う時に使う
のだそうです。(ツイてるはいつでもOKみたいに書かれていました)

また、不満は言ってはいけないということも書かれていましたが、 私は「もう、不満は言わない」で鍛えに鍛え上げたので、 その辺はOkでした。 (参考記事:実践『もう、不満は言わない』

お次は『魔法の言葉、不良少女の家庭教師』とかいう本。 図書館にあったので借りて読みました。

上の小冊子の内容を半分にして、ドラマ仕立てにしたもの、 という印象を受けました。 「ツイてる」については、一切言及されていません。

どうも子供向けらしく(児童コーナーにあった)、不良少女が売春していたことが、 ザ・ハンドというかキングクリムゾンの如く、バッサリと削られていました。 まぁ、読んで感動する人は感動するんじゃないでしょうか。

というわけで、魔法の言葉連呼を実践するなら、 400円の小冊子だけで充分な気がします。

斎藤一人の本も借りてみたのですが、同じような内容だったので割愛いたします。 色々突っ込みたい部分もあるのですが、50日経過するまでは、 ひたすら「今」に集中し、魔法の言葉を連呼していきます。 興味のある方はやってみてください。

結果はこちら>>

メニューに戻る>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事