よい気分でいると叶う

実は「イライラしていると叶う」でも叶う

「良い気分」でいること3

「全ての願望達成は、良い気分になるためである。 なので最初から良い気分になっていれば願望達成される」 と、2年くらい前の記事に書きましたが、

今回は2年の間に「良い気分」について、 私の体験から学んだことをさらに掘り下げて書き、 2年間の結果についても書いてみます。

「良い気分」になるのに理由はいらない2

自信を持つのに理由や根拠が必要ないのと同じく、 良い気分でいるのために理由や根拠など必要ないのです。 (2年前の記事にも同じようなことを書いていました。書いていたことをすっかり忘れていました。 しかも、今読み返すと何だか文章がアホっぽいです)

大抵の人は 「お金が1億くらいあれば良い気分になる」とか、 「嫌な奴がいなくなれば良い気分になる」とか、 「この問題が解決すれば良い気分になる」とか、 「願望が全て叶えば良い気分になる」とか言いますが、 ”外部の状況”と”自分気分や感情”との間には 何の関連性も無いのです。

関連性があるように思えるのは、 周囲の人間がそうしているから、洗脳されて自分もそうするようになった、 それだけのことです。

例えば、貯金が減ったら嫌な気分、 周囲の人間から拒絶されたら嫌な気分、 自分の体調がすぐれなければ嫌な気分…

「こういう状況下ではこういう態度や感情を選択するべき」 と周囲から洗脳され続けた結果、望まない状況下で「嫌な気分」を 無意識のうちに選択しているだけなのです。

なので、この事実を受け止め、ちょっとコツを掴めば(これは練習あるのみ)、 体調がすぐれなくても、自分の所持金が少しでも、 割と簡単に「良い気分」になれるのです。

良い気分になれれば、その時点から 状況が自分の望む方向へ流れていきます。

この「良い気分を選択する練習」に最適なジャンルが 私の場合、自分の健康とお金についてでした。

他人との関わり合いなどを変えるのは手間がかかりそうですが、 自分の身体と自分の経済状況なら、 思考と感情次第で何とでもなるからです。

私などは頭が痛い、身体がだるい、腹が痛い等、 体調がすぐれない時でも「良い気分」を選択できるようになったので、 ここ2年間風邪を引いていないし、花粉症も治ってしまいました。

お金についても、どんな経済状況だろうが(株で大損?こいても)、 「良い気分」を選択していたら、年収700万円を超えました。

要は「現状を無視して自分の好きな気分を選択する」、 これができるかできないかだと思います。

こんな感じで、何か嫌な状況下にあるとき、 「あ、身体がだるいからって"嫌な気分"を選択する必要は無いんだ」 「所持金が少ないからって、恐怖や不安を選択する必要は無いんだ」 ⇒「外部の状況と自分の内面は、全くの別物で何の関係も無いんだ」 ⇒「だから今の自分の気分は、自分で好きなように選択していいんだ」 ということが実感できれば、状況はどんどん変化していきます。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>