オポノポノって何だ?効果は?

オチ◯ンチンみたいやなw

オポノポノの効果について

ある日の休日、いつものごとくブックオフの100円コーナーを 見ていると、ある本が目に留まりました。 それが『豊かに成功するオポノポノ』

「オポノポノ」という珍妙な名前は聞いたことあったのですが、 詳細は知らなかったため、良い機会なので読んでみることにしました。

ちなみに正式名に長ったらしい名前が付いているのですが、 面倒なので本記事ではオポノポノとします。

ハワイの秘術?

概要をざっと述べると、

  • 私たちの身の回りに起きることは、全て私たちの潜在意識の中にある 「情報」が表に顕れたものにすぎない。100%自己責任である。
  • 全て「情報が」原因なので、例えば自分にとって嫌なことが起きたら、 自分の中にある嫌なことを引き起こした「情報」を消してしまえばいい。
  • ただし、潜在意識は広大なので、その「情報」がどこにあるかなんて 探そうと思っても探すことは不可能。
  • なので、まず 「この出来事は私の中にあるどんな情報が元で起きたのだろう」 と考える。
  • そしてその「情報」に対し、 「ありがとう」「愛してます」「ごめんなさい」 「ゆるしてください」の4つの言葉を言う。 感情を込めていなくてもOK。どの言葉を言うかも自由。

こんな感じで、自分の中にある情報をひとつひとつ消していけば、 段々意識がクリアになっていき、インスピレーションのようなものが得られるらしいです。

オポノポノ効果の程は

で、肝心の効果の程なのですが、上記の原理自体がどっかで聞いたことある内容だし、 言葉の大切さは「実践『魔法の言葉』」の記事内で書きましたし、 私の身に都合の良いことが起きたとしても、 単純に「オポノポノのおかげだ!」とは言えない状況です。

ネットで検索してみても「効果あった」「なかった」と色々なので、何とも言えません。

というか、いくら趣味とはいえ、そろそろこの手のものに対し、 いささか食傷気味になっている今日この頃でございます。

この際なのでぶっちゃけたことを申し上げると、 「オポノポノ」やら「引き寄せ」やら「今に在る」やら「何とかメソッド」やら、 本当はどうでもよくて「自分で決めた法則が自分に作用する」これが真実ではないでしょうか。

例えば風邪をひくと日本では身体を温めますが、アメリカでは冷水で冷やします。 日本人は「風邪気味のときは身体を温めれば治る」と決めつけており、 実際に日本人を温めると、その通りになります。

アメリカ人は「風邪のときは身体を冷やすに限る」と決めつけており、 風邪をひいたアメリカ人を冷やせばその通り、治ってしまいます。

こんな感じで、日本人アメリカ人といわず、各人が自分勝手にルールを決め、 そのルールを心の奥底から信じ込めば、実際にその通りになるのではないでしょうか。

私などは、 「書いたり口に出せば、その通りになる」 「仕事をサボれば褒められる」 「お金は使えば増える」 「お金は勝手に入ってきて増えていく」 こんな勝手なルールを自分に適用して、信じております。

皆さんも「無職になれば所持金が増えていく」とか、 「酒を飲めば健康になる」とか、 「タバコを吸えば健康になる」とか、 「ハンバーガーやラーメン食べれば身体が綺麗になる」といった、

「滅茶苦茶な」「到底信じられない」ルールを自分勝手に決めつけ、 周囲の雑音など無視してそのルールを心から信じることができれば、 実際にその通りになっていくと、私は確信しております。

逆に言うと、今のあなたが上手くいっていないのは 幼い頃から植えつけられてきた「常識」という名の決め付け、 他人の勝手な決めつけを、いまだに信じ込んでいるからなのです。

加えて、この下らない(!)サイトをはじめ、エイブラハムとか エックハルト・トールなどの他人の意見をありがたがり、 度を越えて妄信しているからなのです。

※信じたければ信じて結構なのですが、もし自分の考えと異なるところがあれば、 迷わず自分自身の方を優先しろということです。 あと、他人の意見を妄信する人に限って、いざ自分が「失敗した」と感じると 問答無用で他人のせいにし始めるというのも、大変興味深いことです。

話が脱線してしまいましたが、オポノポノ効果あった!という方は、 私にお知らせくだされば幸いでございます。

私的にはオポノポノよりオチ◯チンの方が好きです。

続きのようなもの>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>