エイブラハム赤本に集中する!!

結局駄目だったin2015

2014年の目標

この記事は2014年2月17日に書いております。 ここ1週間近く、サイトも更新せず記事も書かず、何をしていたかというと、 今まで読んだ本の復習をずっとしておりました。

同時に、この2年間でやってきたことを振り返ってみることにしていたのですが、 反省するところがかなりあることに気付いたのです。

惰性の創造

ここ2年間の初期の頃に読んでいた『エイブラハム赤本』や『ザ・シークレット』を 久々に読み返してみると、2年間勉強してきただけあって、 内容の理解は簡単にできるのです。

ただ、理解できていることと実践できていることは全くの別物で、 特に『エイブラハム赤本』の「節目ごとの意図確認」の章については 全然実践できていないことが分かってしまいました。

というより、この章は頭にすら入っていませんでした…

引き寄せとかエックハルトトールの「今に在る」とか、 多少は実感として理解できるようになったのですが、 じゃあ私が望むことや実現したいことについて意識の焦点を合わせ、 「今」に集中して日々生きているかといえば、ちっとも生きていない。

2年前よりはマシになったものの、 一度に色々なことを考えて混乱したり不快になる刺激を外部から受ければ、 怒ったりイライラして反応しているというように、日々の大半を惰性で生きているのが現状です。

状況はブラック企業から脱出して年収700万円超になるなど大いに変化しましたが、 それはあくまで「不純物」が大いに混ざった惰性的な創造の結果であり、 望むことに対して集中し、純粋な信念と欲求を向けることができていれば、 おそらく収入の桁が違っていたのではないでしょうか。

なんか、修行を途中で放り出しベイダーと対決して腕を切り落とされた ルーク・スカイウォーカーのような気分になりました(どんな気分だよ)。

今年の目標

というわけで、もう2月半ばなのですが、私の2014年の目標としては、 惰性的な創造を脱却して意図的な創造を可能にする、ということに決めました。

やることといえば、今までスルーしていた赤本の「節目ごとの意図確認」の内容くらいですが、 今年1年間はこれを集中的にやっていこうと考えております。

記事のネタに困ったら、既に読んでいてまだ記事に書いていない 『マスターの教え』とか『神との対話』とか『なまけものの悟り方』とか その他色々について書きますが、あれこれ新たに手をつけることはせず までやってきたものの復習をすることにいたします。

で、途中経過や効果が現れたときは都度記事にしてまいります。

<追記in2015>
ちっともできなかったじゃないか! あーもうめちゃくちゃだよ。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>