内容は達成できましたか…?

やっぱ計画なんて立てるもんじゃないわ

2014年の目標 具体的実践内容

前回の記事

2014年の目標を「惰性的な創造を脱却して意図的な創造を可能にする」 ということに決め、赤本の「節目ごとの意図確認」を集中的にやっていこうと決めたわけですが、 じゃあ一体何をしていこうかと少し考えてしまいました。

私は元来面倒くさがりで、 しかも頭で考える程度のことでは飽きてすぐ止めてしまう人間です。

そんな風に考えながら赤本を読んでいると、 278ページの「メモ帳に書いて意図確認しよう」という記述が目に留まりました。

節目ごとの意図確認とは、日々の生活の節目節目、例えば仕事の開始時とか食事前とか寝る前などにおいて、 自分が何を「実現」させたいのか明確にするプロセスです。

それを一々メモ帳に書いてしまおうというのが、「メモ帳に書いて意図確認」です。

本にはそう書いてありますが、実際やっている人いるのでしょうか? 1日の中で何度も何度も、いちいち紙に書くなんて、 面倒で誰もやってないんじゃないでしょうか。

そんな風に思っていたのですが、 ふと「誰もやってないなら俺がやってみよう」という気分になりました。

人と違う結果を出したければ、人と違うことをやるのが定石ですし、 どうなるかの前例が見当たらないというのもこのサイトのネタ的に良いと考えたのです。

実践方法

というわけで、 「メモ帳に書いて節目ごとの意図確認」を開始したわけですが、実践方法は以下の通り。

使うものはメモ帳とペン。 朝起きた時、仕事に行く時、仕事を始める時、食事の時など1日の様々な節目において 「自分がこの節目で一番実現させたいこと」をメモ帳に書く。 例えば銀行との交渉前では、メモ帳に日付と時間を書き、「話が上手くまとまってほしい」とか 「話が上手くまとまって良い気分になる」とか、実現させたいことを書く。

こんな感じです。 別にメモ帳を見返したりはしませんが、 一応書いたことを意識するようにはしております。

これで本当に変わるのかどうか、 赤本に書かれている「状況が変化していく日数」の60日くらい続けてみて様子を見ていきます。

徹底検証!魔法の言葉」の時と同様に、 上手くいったら拍手喝采、 全然駄目だったら文句の一つでも書こうかなどと考えております。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>