アカギの墓みたいだった

六郎の旅日記 遠州森町と森の石松編

前回の記事

今回は浜松のお隣、磐田周辺についてです。

浜松にはイオンモールが二つもあり「何だかなあ」と 思ってしまうのですが、そのイオンモールからそう遠くない場所に 「ららぽーと磐田」というショッピングモールがあります。

イオン系ではないのですが、中身は大体同じで、 ユニクロ、100円ショップ、オサダやライトオンといった服屋、 書店、電気屋、スターバックスみたいなの…

こんなにショッピングモール作って、一体どうするんでしょうか。

ちなみに、西側の富士と富士宮にもそれぞれイオンモールがあります。 山梨なんて甲斐市のアピタと韮崎のライフガーデンと 昭和のイオンモールくらいしかなかったのに…

それはともかく、磐田の観光でございます。

小国神社

この辺で一番大きい神社らしいのですが…

小国神社の参道
参道は少し雰囲気あった

小国神社本殿
あまり大きくない本殿

祀ってあるのは大国主で、出雲大社に行ったことのある私は、 どうしても出雲大社と比較してしまい、前評判の割にショボくて 「何だこんなもんか」といささかガッカリしてしまいました。

(なんてバチあたりなこと書くんだ!!まぁ…本当にショボかったけど)

旅ゆけば駿河の国に茶の香り

小国神社でいささかガッカリした私は、 ガッカリついでに近所にあると看板に書いてある 「大洞院」とかいう寺にでも寄っていくかと思い立ち、 丘をひとつ超えてその寺に行ったのですが、 ここは予想に反して面白かったのです。

大洞院全景

大洞院本殿

大洞院には、ご存知「森の石松」の墓があり、 その墓の形状が、『天』の最終回に出てくる 赤木しげるの墓みたいになっておりました。

森の石松の墓
3代目の墓石。後ろは清水次郎長の碑

※森の石松とは: 遠州森町の生まれ。 清水一家の中で喧嘩と博打が一番強かったが、 頭が悪かったといわれている伝説の博徒。

広沢虎造の浪曲に出てくるセリフ「江戸っ子だってね、寿司を食いねぇ」 「馬鹿は死ななきゃ治らない」は超が付くほど有名。

森の石松と次郎長親分
鐘の傍にある石松と次郎長親分の何かホモっぽい立て看板

実際、墓を削って持ち帰る人間がいたり、 2代目の墓石に至っては、丸ごと持ち去られたそうです。

そんな大変な目に遭っている墓石ですが、 墓を作る際に出たと思われる墓石の欠片が入ったお守りが売られております。

森の石松の墓石が入ったお守り
膨らんでいるのは、中に墓石が入っているから

ちなみにそのお守りを買う時のことですが、 誰もいなかったので「すみませ〜ん、どなたかいらっしゃいますか」 と呼んでも誰も出てこない。

右手下にある呼び鈴に気付き、呼び鈴を鳴らすと、 なんとファミマの入店ソングが流れて住職さんが出てきたではないですか。

こんな楽しい大洞院ですが、おそらく磐田界隈で一番面白い場所なので、是非とも行ってみてください。

私的には、清水港にある次郎長の墓よりも 山奥にひっそりとある石松の墓の方が好きであります。 清水の方にも、大政小政達と並んで石松の墓があるのですが。

後編に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>