袋井と大井川

特に無し

袋井と掛川と大井川編

前回の記事

今回は袋井と掛川と大井川をまとめてやります。

特にコメントも無いので、写真中心で文章少なめです。

まずは西の袋井から。

法多山

掛川との境に法多山尊永寺という、真言宗の寺があります。 何でも本尊の「厄除け観音」と「厄除け団子」が有名らしく、 大して期待せずに行ってみました。

しかし、実際行ってみると自然豊かで、また人が少なくて中々良い雰囲気でございました。

法多山案内図
境内はかなり広い

法多山の仁王門
入口の仁王門。多分国宝(国宝じゃなかった)

法多山参道
雰囲気が戸隠神社に似てなくもない。

法多山の厄除け団子
名物厄除け団子。串が五本なのは人間を表しているから。 下賀茂神社前のみたらし団子と意味は一緒だが、向こうは団子が5玉。

尊永寺本殿
本殿。結構広い。

法多山のポスター
わ〜何すかこれ。最近いたる所でこういうの増えてきたなぁ。 ちなみに緑の子(たぶん袋井名物メロン)が食べているのは上の厄除け団子。

連休や正月前後とかは混雑して風情もへったくれもなさそうなので、 是非とも空いている日に行ってみてください。

事任八幡宮

坂上田村麻呂の時代からあり、清少納言の『枕草子』にも出てきた神社。

行った後にWikiで調べて知ったのですが、あの戸隠神社や諏訪大社と 一直線上に並んでいるらしいです(だから何なんだよ)。

出雲大社、諏訪大社、鹿島神宮が一直線上にあるのは、 オオクニヌシとタケミナカタとタケミカヅチの国譲り関連で 少し意味がありそうですが、日本地図に適当に直線を引きまくれば 有名な神社を複数串刺しにすることくらいあるだろう、 などと思ってしまいます。

事任神社

それはともかく、神社自体は地味です。行くなら法多山の方が楽しいです。 これは丁度、伊勢神宮より法隆寺の方が楽しいのと似ています。

高天神城跡

掛川には掛川城なるものが駅前にあるそうですが、 そんなものに興味は無く、新田次郎(横山光輝)の『武田勝頼』が好きな私が行くべきは、 高天神城跡なのでした。

高天神城案内図

この高天神城を落として武田は領土が最大となりました。 が、数年後に織田徳川の反撃を受け、甲府から見捨てられる形で城は落ち城兵は全滅しました。

高天神城経路
ちょっとした登山。春日山城を思い出した。

高天神城頂上
何もない。

馬場平からの景色
馬場平より眺める御前崎と太平洋。

高天神城ポスター
伝令が敵の囲いを破って、長野経由で甲府の躑躅ヶ崎まで落城を 伝えにいったそう。私なら天竜あたりでダウンですわ。

大井川

最後に大井川です。大井川から東は駿河の国となります。

大井川の景色
早川町に比べて広い!線路もあるでよ。

雰囲気的には山梨の早川町を何十倍も広くした感じで、大井川鉄道が走っております。

大井川吊り橋
吊橋

汽車が走っているビデオ動画はバッチリあるのですが、 写真がどっかに行ってしまいました… 茶畑や千頭駅の写真も行方不明です…

あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

次回は、県庁所在地静岡市について書いてまいります。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>