浜岡原発に行ってきた

楽しかった(棒読み)

六郎の旅日記 浜岡原発見学編

前回の記事

前回の記事で「お次は静岡市」と書いたのですが、 ひとつ肝心な所を忘れておりました。

それは何かというと「みんな大好き浜岡原発」でございます。 これについて書こうかどうか迷ったのですが、せっかく行ってきたので 書いてしまいます。

東名の相良牧之原ICから信号の無い豪華な道が走っており、 目的地までほぼノンストップで行くことができます。

浜岡原発の雄姿
農道から眺める浜岡原発の雄姿。 残念ながら現在は稼動停止中。 停止させようが何しようが廃炉にしない限り危険度はほぼ同じだから、 景気良く稼動させればいいのに…

原発の中は立ち入り禁止なので、 今回やってきたのは浜岡原子力館。原発のテーマパークでございます。

浜岡原発見学館入口
もちろん全て無料なのですが、客は頭の悪そうな家族連れや、 老い先短い年寄りや、私のようなキ印くらいしかいませんでした。

浜岡原発の原子炉断面図
原寸大の原子炉模型。わーかっこいい!!

浜岡原発制御棒
燃料棒と制御棒の模型。 左と真ん中が燃料棒で右側が制御棒。 制御棒は騎乗位の如く原子炉の下から挿入する。

浜岡原発のメカニズム
原子炉とタービンの分かりやすい断面図。 ここ浜岡原発では、配管が断層を貫いて通っており、 大地震の際は配管が断裂して 原子炉建屋とタービン建屋が別々に振動するそう。

加えて、浜岡原発は日本で唯一、海側に原子炉建屋、 陸側にタービン建屋という、常識にとらわれない配置構造。

浜岡原発コントロールルーム
ホーマーシンプソンみたいなのが操作しても 100%安全かもしれない最新鋭の制御室。

浜岡原発は平気
「東北とは違うからへーきへーき」の図

浜岡原発キッズコーナー
ちびっこ向けの放射線探検タウン!

放射能は安全
原発はとっても安全なんです!

浜岡プルサーマルパーク
浜岡プルサーマルパーク! ほんとにほんとにほんとにほんとにPu(※プルトニウム)だ〜
近すぎちゃってど〜しよ〜
漏れすぎちゃってど〜し〜よ〜

この館の最大のみどころは「オムニマックスシアター」というやつで、 10時半、13時半、15時の1日3回、 プラネタリウムみたいな映写室で映画が上映されます。

『インサイド・ザ・メルトダウン』やシンプソンズの原発回みたいな 原発関連の映像かと思いきや、メニューは宇宙や恐竜関連のみのようです。

しかも、 「"Space Station and Astronauts" Narrator Tom Cruise」 「おっ、ナレータートムクルーズやんけ!」 「吹き替え」 「」 という有様でした。

まぁそこそこ大画面で迫力あり、中々面白かったです。

最後に、原子力館には結構高い展望台があり、 そこから各建屋や堤防工事の様子を眺めることができるのですが、 目つきの鋭い警備員が見張っており、写真撮影はできませんでした。

こんな原子力館ですが、予想していたよりもかなり楽しいので、 興味ある人は是非とも行ってみてください。

浜岡大砂丘
原発の近所にある浜岡大砂丘。右に写っているのは地縛霊か何か。

ショボイ浜岡砂丘
足跡だらけの上、ちっとも大砂丘じゃなかった。 歩きにくいことこの上なし。

<追記>
マジメな話をすると、私としては核分裂なり核融合なり、 核エネルギーの研究(理論&実験)については素晴らしいことだと思います。 (これすら否定する人は太陽を否定することになる)

ただ、現代の技術レベルで実用化するには、ちょっと早すぎたんじゃないか、 まるで中学生同士でやって妊娠したかの如く 無計画かつ無責任なんじゃないかという気がしております。

まぁ、やっちゃったもんは仕方ないし、 私の間抜けな思い違いだったら良いのですが…

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>