ぶっちゃけどんな方法でもOK

立っても踊ってもOK

瞑想のすすめ

2012年の11月から、私は毎晩寝る前に瞑想をしております。

以前は「瞑想なんて意味ねーじゃん!」とか思っていたのですが、 やってもないのに批判するのはおかしいだろうということで、 試しにやってみたのですが、これが中々良いものでした。

瞑想をしていると安らかな気分で眠ることができますし、 瞑想をしている過程で、自分の内に在る「何か」に気付いたりと、 得るものが大きかったと今では思っております。

そんなわけで、今回は私なりの瞑想のやり方を紹介いたします。 参考にするも良し、既に瞑想している方は、 自分なりのやり方をそのまま続けるも良しです。

私なりの瞑想法

私なりの瞑想法は、至って簡単です。

@タイマーを15分にセットする

A胡坐をかいて目を閉じて座る

B意識を呼吸に集中する

C雑念が湧いても、そのまま放っておく

こんな感じです。

まず15分という時間ですが、もう少し長くても短くても良いです。 これといった時間が決められているわけではないですし、 長ければ良いというものでもありません。 私的には5分だと「短すぎる」といった感じです。

座り方についてですが、正座でも体育座りでも何でも良いと思います。 椅子に座ってやるのも良いでしょう。 座禅を組めるには組めるのですが、胡坐の方が楽なので、 私は胡坐をかいてやっています。

呼吸に意識を集中するのは、呼吸している「感覚」をそのまま感じるといった感じ?です。 最初は慣れないかもしれませんが、何回もやってれば慣れます。

最後に、雑念に対する対処法ですが、出てきたものは仕方ないので、 そのまま放っておきましょう。

「こんな考えが浮かんじゃいけない!」とか 「何も考えるなよ〜」とかやっていると、 雑念に対する抵抗が更なる雑念を生み、うまくいかなくなります。

雑念が浮かんできたら「あ、今雑念が浮かんできているな」と気付き、 そのままにしておきましょう。

以上、こんな感じで私は瞑想をおこなっていますが、 瞑想なんて自分の気分が良くなればそれでOKなので 自分の好きなようにやってみましょう。

やり続けていれば、何かしらの発見や効果があることは請け合いでございます。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>