2013年版のはじまり

この頃はまだ実感できていなかった

解説『ニューアース』 はじめに

ついにきました『ニューアース』のまとめと解説。 私がこんなことをやって良いのかと思いましたが、 やりたい気分もあったし、備忘記録を兼ねて、ここに記録しておきます。

ぶっちゃけ、私の手前勝手な解釈を書いていきますので、 著者本人の解説を知りたい人は、youtubeの「ニューアース ウェブクラス」 をご覧になってください、

この解説を読んで、自分の感じたことと違うなぁと思った時は、 あなたが感じたことの方を優先させてください。 ではまずはじめに、『ニューアース』を読む時の注意点などを書いていきます。

ニューアースって何だ?

ニューアースというのは「新しい意識に対する新しい現実」のことです。 聖書のヨハネ黙示録にも、21から出てきます。 (Now I saw a new heaven and a new earth…)

どういうことかというと、あなたは現在、無意識の内に生きていませんか?ということ。

「あ〜また朝だ。一日が始まった。面倒だなぁ」 「会社行くのめんどくせ〜」 「やっと会社に着いた。早く休み時間になればいいのに」 「やっと飯の時間か」 「あ〜午後が始まった。眠いなぁ」 「やっと終わって清々した。酒でも買って帰るか」 「また明日も会社だ。あ〜嫌だなぁ」

こんな状態で1日を過ごしていたとしたら、 あなたは間違いなく「無意識の内に生きている」ということです。 この無意識で起こしている反応パターン、思考パターン、 行動パターンを意識的なものに変えれば、新しい意識が生まれ 結果新しい現実があなたの前に開ける、ということです。

『ニューアース』を読む際の注意点

それでは、『ニューアース』を読む際の注意点を書いていきます。

@自分のこととして読むこと

本文に書かれていることを「へ〜そーなんだ」「ふ〜んすごいね」 という他人事のような感じで読んでは効果がありません。 全て「自分について書かれたこと」「自分に対して書かれたこと」 という意識で読んでください。

A鵜呑みにしないこと

『ニューアース』はあなたの目覚めをサポートする役割を果たしますが、 本文に書かれていることをそのまま鵜呑みにしてはいけません。 鵜呑みにすると、エゴがむくむくと発達し、『ニューアース』を あなたのエゴの新たなるアイデンティティとしてしまいます。 目覚めて新しい意識と現実を築くのは、あくまであなた自身です。 自分の感性を信じて、飲み込まれないようにしましょう。

B経験を重視する

本文に書かれていることを頭で分かっても意味がありません。 あなた自身の経験の中で実践し、その中で学んでいってください。

以上、次回からは1章を解説していきます。

1章に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>