質問と回答

それだけ

『思い込みを捨てろ 人生は必ず変わる』解説まとめ

何年か前に書いた記事

5周年目のご挨拶の記事にも書きましたが、 私が色々やってきた中で役に立った本の一つに『思い込みを捨てろ 人生は必ず変わる』 という本があります。

この本、1999年に出版されて現在は絶版なのですが、 よくブックオフで二束三文で売られており、 アマゾンでも中古が180円くらいで売られていました。 (私が買ったのも180円)

ところが最近、ブックオフにいくと、 状態の悪い本書に1000円近い値段が付いているのを 見かけました。

どういうことなの…と思い、アマゾンで調べてみると、 何と!値段が5000円になっているではありませんか!!!!1

万が一、そんなことはないだろうけど、当サイトで「効果ある」と書いた結果、 値が10倍以上になったのなら、当サイトにも責任があるので、 この度本書についての概要を解説してまいります。

当解説を読んでもモノ足りないという人は、出版社である「主婦の友社」に再販要求してくだち。 『自分を動かす』みたいに再販されるかもしれません。

結論

いきなり結論を書きますが、

本書は280ページの本なのですが、 その中で役に立つのは119〜123および176〜179の、 合計9ページぽっちです。私はそう感じました。

しかも、書いていることはそれぞれ同じなので、 正味4.5ページといったところです。

ところが、この4.5ページに書かれている内容が、非常に素晴らしいし効果がある。 数ある引き寄せ本はおろか、 もしかしたらニューアースよりも良いんじゃないかという程のものなのであります。

その内容は「2ステップアプローチ」といって、

ステップ1:自分が”In The Box”の状態であることに気付く。

ステップ2:自分自身に対する問いかけをする。 「もし今、私が”箱の中”に閉じ込められていなかったら、この状況下において、 私はどんな気持ちでいるだろう?何を感じるだろう?何をするだろう?何を考えるだろう?」

→この、自分が発した問いかけに対して、自分で答える。

これだけです。自身の問いかけに対する回答を1ステップに数えるなら、 2ステップじゃなくて「3ステップ」といえるかもしれません。

ともかく、私は無意識のうちにこの2ステップを思考パターンの中に組み込んでいて、 様々な効果を実感したのでした。 (ただし、この思考パターンが確立されていると気付いたのはつい最近。 それまでは単にニューアースのおかげだと思っていた)

インザボックスだの箱の中だの、 これだけでは何のことかサッパリだろうから、 順を追って、まずは概要から説明してまいります。

概要

まずは本書の概要ということで、まずは1章から8章までの大まかな中身です。

1章 最も純粋な場所:「エゴ」と「本当の自分」についての解説。

2章 自己イメージは作られている:In The Box状態についての説明。

3章 思い込みからの抜け出し方:抜け出すための4ステップの説明。

4章 エゴを克服する7つの方法:「7つ」とかいいながら番号が振られていないので非常に分かりづらい。 無くてもよい章。

5章 2ステップアプローチ:本書の真骨頂。この章の一部だけで充分。

6〜8章:人間関係とか健康とか、ただの事例集。ハッキリ言って蛇足。

こんな感じで、流れとしては1〜3章をザッと読んで、4章飛ばして5章を読めば充分で、 いらん箇所が沢山あるところが、本書が今まで日の目を見なかった理由ではないでしょうか。

長くなってきたので、今回はここまで。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>