ほんの一部

最近は単純なものが好き

私の好きな映画

私は昔から映画が好きで、特にニートをやっていた時などは、 自室に引きこもって映画ばかり見ていました。

そんなわけで今回、私が今まで見てきた映画の中で 私が好きな映画を思いつきで挙げてまいります。 (本当にパッと思い付きで挙げたので、漏れがあるかも)

「あの俳優がどうの」とか「あのシーンが・・・」とか書くと キリが無くなるので、簡単に紹介していきます。

気になるのがあったら、レンタルで良いので是非見て下さい。特に1〜3のやつ。

1.ベンハー

モノクロのやつじゃなくてウィリアム・ワイラー監督のやつ。 いわゆるキリスト教モノ。説明不要の大傑作。

戦車競争の場面は、今の技術や経済状況ではもう再現不可能なので、 この場面だけでも見ておくべき。

小学生で初めて見た時は、戦車競争後の話の意味が良く分からなかったが 今となっては良く分かる。

2.リトルブッダ

キリスト教の次は仏教モノ。 半分がお釈迦様の半生で、半分がダライラマの転生のお話。音楽は坂本龍一。

「仏教入門」的な映画。 よく見るとお釈迦様を演じているのがキアヌリーブスだったりする。

3.シリアル・ママ

平和な中産階級の一家に突然襲い掛かる不幸を ママが次々に解決していくという、家族愛がテーマのお話。

「家族って良いものだな」と再確認させられること間違いなしなので、 是非ともお子様と一緒に見ていただきたい。

4.スターウォーズW

説明不要。 スターウォーズの一番最初のやつ。 他の5作と比べても、やっぱりこれが一番なんじゃないでしょうか。

5.ジョーズ

小学生の時見て海に入れなくなったトラウマ映画。

ラストの沈みゆくオルカ号のマストに立つブロディ署長のシーンは、 私的に一番心に残っている映画シーン。

そんなすばらしい映画なのに、USJのアトラクションは 日本語、しかも大阪弁で雰囲気ぶち壊しでクソだと思った。

6.ロッキー

私が一番好きな俳優はスタローンだからスタローンの代表作。

年を取ってから続編を作ってくれるとは思わなかった。 ランボーも同じく続編を作ってくれて嬉しかった。

7.刑事ジョー ママにお手上げ

シュワちゃんがコメディをやっているので、真似してやってみました的な作品。

あまり面白くなかったけど、20年前に1度しか見てないのに、 やけに心に残っている作品。

8.ミッドナイト・ラン

期待せずに観たら非常に面白かったという映画は、『ブルースブラザース』とこれ。

いわゆる大傑作。 ロバートデニーロの映画の中で一番好きかも。

9.街の灯

おそらくチャップリンの最高傑作。

小学校の頃何気なく見て、すごく面白いと思った作品。 今見ても面白い。 (ラストシーンがジャケットってどうよ。猿の惑星よりはマシだけど・・・)

10.ブレードランナー

ストーリーは面白くないのに、何故か心に残っている映画。 雰囲気が良ければ心に残るのだろうか?

11.七人の侍

名作名作と言われていたので観てみたら本当に名作だったという作品。

12.夢

『イージーライダー』と同じく 酔っ払って観るには最高の映画だったが、 『赤富士』の回は今となってはトラウマ映像。

最後の水車小屋のロケ地には実際に行ったことあるが、 映画の中と現実との違いを思い知らされた。

まだまだ沢山ありますが、ざっと思い浮かべただけでもこんな感じでしょうか。

いや^〜映画って本当にいいものですね。 それではサイナラ、サイナラ、サイナラ。

お役立ち記事

転職お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>