ニートにネット

最高の組合わせだぜ!

ニート脱出記8 2ちゃんねる編

これまでのおさらい

前回書いた酒とのファーストコンタクトの記事は、 確かニートになってから1年くらい経っていた、という覚えがあるのですが、 なにせ酷いマンネリ生活だったので記憶が薄れてきています。

酒にハマるまでの1年間は何をやっていたかというと、 前々回書いたとおり、色んな所へ1人で遊びに行ったり、 ゲームをやったり、本を読んだりしていました。

あと、三条のJEUGIA(けいおんのアレ)で、安いギターと マーシャルのアンプを買ってギタリストの真似事をしていたのですが、 コードが上手く押さえられず、またセッションする人もいないので、 部屋の隅で放置状態となりました。(そもそも、俺は楽譜が読めない!音楽に関しては文盲である)

このような、自堕落なニート万歳の生活を送っていたのですが、 心の中では、劣等感や無力感、社会への恨みが蔓延しており、 遊んでいてもちっとも楽しくなかったし、それらの感情から逃げるために 精神科に行ってクスリをもらったり酒を飲んだりし始めたのは、前回書いたとおりです。

そんなわけで、酒を飲み始めてからは、ゲームをあまりやらなくなりました。 買った安ギターも、酔った時にジミ・ヘンドリクス(ピート・タウンゼント)の真似をして、 叩き壊してしまいました。

ゲームをすること自体が面倒になってきたし、 本を読んだり映画を観ているほうが酔った頭にはしっくりくるのです。 しかしこの頃は、まだ昼夜逆転生活までには至っていませんでした。 酒の量が、生活に支障をきたさない程度でありましたし、 何より、まだ自宅にネットが開通していなかったので、 ネットがしたい時は、大学に行ってネットをしなければならなかったからです。

ネットのためだけに、高い学費を払い続けていたのです。 休学届けを出して、学費を払わなければ良かったのですが、 休学届けを出したら親にバレるのが恐くて、できませんでした。

我が家にネットがやってきた

そんな生活を送り、ニートを始めて2年が経とうとしていた頃、 大家から、ネットが開通したとの知らせが入りました。 この時の私の喜びようといったら大変なもので、 「これで四六時中2ちゃんができる!!!」という思いでいっぱいでした。

ネットが開通してすぐに私の生活は昼夜逆転しました。

14時〜16時:起床 酒と食料の買出し
17時〜18時:酒を飲み始め夕方のニュースを見ながら2ちゃん
19時〜24時:テレビ番組の実況
0時〜6時  :ニュース速報板やヒッキー板で馴れ合い、煽り合い ※当時「ニート」という言葉は広まっておらず今でいうニートも「ひきこもり」で一括りにされていた
6時〜14時 :睡眠

食料と酒を買いに行く以外は、外出しなくなりました。 クスリを貰うために通っていた精神科にも、行かなくなりました。 人とも話さず、外出もせず、酒を飲みながら ずっとPCに向かっていると、段々と精神が病んでいくのが分かります。 外出するのが億劫になるし、人の目や、人と話すことが恐くなってくるのです。

しかし、だからといって、自分の生活や考え方を変えようとは思わず、 相変わらず「親が悪い、学校が悪い、社会が悪い」と 人のせいばかりにして、鬱々とした日々を過ごしていました。

オフ会のお知らせ

当時、TVでは引きこもりの特集が頻繁に報道されるように なっており、その度にヒッキー板が大騒ぎになっていました。 私も、TVの特集やヒッキー板の反応を見て笑っていたのですが、 「オレもこのTVの人たちと同類だよな… このままで本当に良いのかなぁ」 という思いが、次第に湧き上がってくるようになりました。

しかし、何とかしたいという思いがあっても どうすることもできず、外出したくないという思いと 対人恐怖症みたいな強迫観念は益々強くなっていき、 酒でそれらを誤魔化す日々が続きました。

そんなある日、ヒッキー板に 「大阪でオフ会します。ヒキコモリ同士でお話しましょう」 というスレが立っているのを発見しました。

「ヒキコモリがオフ会なんてやるな!氏ね!」 という書き込みも多々見受けられましたが、 「これは、社会復帰のするためのチャンスかもしれない!」と思い、 「参加したいです」という書き込みを行い 主催者の方へメールを送ったのでした。

次回に続く>>

<2015年追記>
2001年頃の2ちゃんは楽しかったなあ。 ネットとか2ちゃんとか、ニートには悪影響とされているけど、 少なくとも私はネットや2ちゃんのおかげで東大に行ったり、 ブラック企業脱出して管理職になって年収900万円になったりしたので、 ネットや2ちゃんには感謝してもしきれません。 10数年後にこのような身分になるとは、ニートの時は想像もできませんでした。

メニューに戻る>>

現状打開のために役立つ記事