ニート脱出完了!!

やったー!カッコイイー!

ニート脱出記 最終回

前回の記事

再び予備校へ

半月もすると、酒と不規則な生活で弱っていた体調もすっかり良くなり、 4月から「浪人編」で通った予備校に、再び通うことになりました。

田舎の予備校なので、授業のクオリティには期待していなかったのですが、 宅浪などしようものなら、ニート時代の生活習慣に逆戻りするのは 火を見るより明らかであり、予備校に通って生活のリズムを キープしようというのが最大の目的でした。 (そのため、最低限とった授業でさえ内職をしていた)

予備校の入学手続きをしに行くと、浪人時代にお世話になった教師に会い、 「おっ!六郎君じゃないか!またここに通うのかね?」 と声をかけられました。

「この爺さんまだ生きてたのか。」 とビックリしたのですが、 「まぁ、色々考えるところがありまして」 と適当に答えておきました。

受付で入学手続きをしていると、受付の人をはじめ、 周りから奇異の目で見られているのがハッキリ分かり、 何とも恥ずかしくなり「やっぱやめようか」という考えが浮かびました。

しかし、ここで恥ずかしい思いをするより、 東大落ちて恥ずかしい思いをする方が100倍以上嫌なことであり、 この程度のことで恥を感じていては、東大入学してから、 また、東大卒業してからやっていけないと思い、 「東大合格」のみに焦点を合わせて一年間やり通すことにしました。 ニートから這い上がって、東大という高みに到達するためには、 いちいち周囲の目など気にしているヒマは、私には無いのでした。

猛勉強の果てに

予備校に通うようになって、はじめの2ヶ月は本当に勉強しました。 (詳細は「東大受験記」にて)

辛い高校時代、不本意な大学時代、無為なニート時代に ずっとせき止められていた私の中の何かが、一気に放出し、 それが勉強という行為になって顕在化したといった感じでした。

途中からニート時の欲望が頭をもたげ、酒など飲んだり、 親と喧嘩をして、1ヶ月近く口をきかなかったこともありましたが、 それでもいわゆる「受験生」以上の勉強量はこなしていました。

最初は力押しだった勉強も、私なりの勉強法を見つけることで、 より効果的なものへと変わっていきました。

そして、1年後の3月10日、私は東京大学に合格しました。

東大受験が終わってからというもの、落ちたとばかり思い酒浸りになっていたのですが、 3月10日の午後に予備校の事務員さんから 「ネットで受験番号調べたらあった」 という電話があり、合格したことを初めて知りました。

最初、「何言ってんだこいつ」と思ったのですが、 どうやら本当らしく、嬉しいというより、 今までの色んな思いでが頭を駆け巡り、脱力して腰が抜けてしまいました。

勉強を通して、私の人生が大きく変わった瞬間でした。

ニートを体験して

現職(2011年当時)のブラック企業で、お客さんと二人きりで話している時、 「もしニート抜きで東大に行っていれば、 こんなところ(ブラック企業)に来ずに済んだでしょうに。いや〜勿体ない」 と言われ、「確かにそうかもしれないなぁ」と思いました。

確かにそうかもしれないのですが、 私は身体や精神を他人から縛られるのが大嫌いで、 その為にニートになったのですから… 一流企業だろうが、公務員だろうが、やっぱり嫌です。 私のように、ニートになりやすい性質ってあるのだと思います。

でも、ニートになって何もしなければ、人生万々歳かといえば、 決してそんなことはありませんでした。 ニート時代の私は、外見上は悠々自適に見えたかもしれませんが、 いつも何か焦りを感じてイライラしていて、 自分はこの社会の被害者だと思っていました。

しかし、イライラしたり社会を恨んでも何も変わらんのです。 何でも良いから一歩を踏み出し、 たとえ体や心が傷ついて、志半ばで倒れようとも、 それはそれで仕方ないと割り切り、 覚悟を決めてバカみたいにやり続けていれば、 自分が思ってもみなかった高みに到達するということを、 ニートから東大への過程で、学びました。

これからの人生、何らかの困難が振りかかってくるかもしれませんが、 ニート脱出の時の体験を思い出せば、そんなに辛くないと思えるのです。 その点で、あの無駄に思えるニート時代も 役に立っているのかなぁと感じています。

ですので、今ニートで悩んでいたり落ち込んでいたり社会を恨んでいたりする人も、 何でも良いので、何かを始めて、それをやり続けて、人生を変えてみてはいかがでしょうか。 そうすれば人生が変わっていき、そこで得られた経験は 何物にも代えがたい宝となるでしょう。

以上で私のニート体験記、ニート脱出記を終わりにしたいと思います。 もう少し情緒的に長ったらしく書けば良かったとも思いましたが、 そんな性分じゃないので、これでよしとします。

<2015年追記>
いや〜素晴らしい!感動した! この後、東大生活をそこそこエンジョイするのですが、 性根の方は直っていなかったのでブラック企業に転落し、 ニート時代以上に辛い思いをするのですが、それは仕事のコーナーで。

しかし、なんだかんだ言ってやっぱりニートは楽しいです。 金が無いのが玉にキズだったけど、金さえあれば一生ニートでもOKです。 ニート万歳!

現状打開のために役立つ記事

メニューに戻る>>