過去を変える

あるのは今だけ

辛い過去を変える方法

このサイトをご覧の通り、私はこれまでの人生の中で 多少辛い経験をしてきております。

(端から見れば自業自得で楽しいかもしれません。 自業自得だというのは、私もその通りだと思っていますし、 まぁ人の不幸なんて、他人から見れば喜劇でしょう)

それで、「ああすりゃ良かった」「こうすりゃ良かった」と、 後悔していることも多々ありました。

あなたにも辛い過去、思い出したくない過去や、 後悔していることがあるかもしれません。 今回は、そんな辛い過去に対処するお話です。

過去と戦って勝った人はいない

人は辛い苦しい経験すると、後々になっても 「何であんなことを…」と悩んだり、 「ああすればよかった…」と後悔したりします。

で、悩んだり後悔したりした結果、 過去の経験がどうにかなるかというと… どうにもなりません。 過ぎたことをいくら考えても、本当にどうにもなりません。 まさに「過去と戦って勝った人はいない」のです。

タイムマシンやデロリアンがあれば どうにかなるかもしれませんが、 今のところ発明されていません。

そもそも、過去に遡れる装置が存在して 過去を変えたところで、それで幸せになれるのでしょうか? 1つの過去を修正したら、もう1つ、さらにもう1つ…と、 ずっと過去にとらわれた状態で、キリが無くなるのではないでしょうか。 そんな状態が、果たして幸せだといえるでしょうか。

過去にとらわれて 「あの時の出来事を修正できれば、今幸せだったろうに」 と考えることは、 お金に振り回されて 「もっとお金があれば、幸せになれるのに」 と考えることと同じくらい、下らないことだと私は思うのです。

変えることができるもの

過去のことがどうにもならないと分かった上で、 私たちはどうすれば良いのでしょうか。

まず1つ目は、 過去に起きた「出来事」「経験」は変えられないが、 過去に起きた出来事や経験に対する「自分の認識」は変えられる、 という真実に気付くことです。

「じゃあ、俺の絶筆に尽くしがたい経験を 楽しい経験だったと思えとでも言うのか!」 と言われるかもしれませんが、 別にむりやりプラス思考になれとか、辛かった出来事を楽しく思えと 言っているわけではありません。

ただ、 過去の経験は変えられないが、 その経験に対する認識はいくらでも変えられる ということを、頭の片すみに置いてほしいのです。

そうすればいつか、もしかしたら1分後や明日にでも、 「辛かった」と思っていた過去に対する認識が 突然変わるかもしれないのです。

2つ目は、 過去にとらわれず、今と未来に目を向ける ということです。

上で述べたとおり、過去についていくら考えても、 どうにもなりません。

しかし、どうにもならないのは「過去」だけであって、 「今」と「未来」は、自分次第でどうにでもなるのです。

どうにもならないことと、どうにでもなること、 どっちか選べと言われたら、どうにでもなることを 選んだ方が、お徳じゃないですか。(お徳という言い方も変ですが)

ですので、どうにもならない過去にとらわれることなく、 どうにでもなる「今」と「未来」に焦点を合わせ、 自分の好きなように生きていけば良いのです。

「そんなの私には無理だ」と言われるかもしれませんが、 それは過去の自分にとらわれているからです。 過去に無理だったから、今も将来も無理だ というのは、全く誤った思い込みです。

「過去の出来事に対する認識は変えられる」 「過去ではなく、今と未来に目を向ける」 この2点を心に留めて、日々生きていけば、 あなたの過去は必ず変わっていきます。

現状打開のために役立つ記事

メニューに戻る>>