自分が変われば周囲も変わる

インチキ臭いが本当

人間関係に悩んでいる人へ

前回「人間関係がめんどくさい人へ」

人間関係が変化するとき

職場や学校での人間関係に悩み、 毎日が楽しくないという人、結構いると思います。

かく言う私もそうで、約1年前までは職場(ブラック企業)のストレスが凄く、 特に無能な高卒係長からパワハラを受けていた時などは、 毎日が楽しくないどころか「この世の全てが憎い」といった感じでした。

あまりのパワハラの酷さに、部長に直訴したのですが、 部長は技術屋で、人事関係にはとことん疎い人だったので、 何ともなりませんでした。 閉鎖的な地方に住み、周りには私の味方をしてくれる人間が 誰もいませんでした。

1年前(2011年)の私は、ブラック企業のブラックさ加減と人間関係で、 まさに発狂寸前だったわけです。

まず自分が変われ

八方塞りになった私は、今までバカにしていて手に取らなかった 「人間関係が良くなる」といった内容の本を読むようになりました。

数年前に「ザ・シークレット」を試してみて全く効果が無かったし、 何か胡散臭いし、ああいう類の本は「女の腐ったような人間」の 読む本だと決めてかかっていたのですが、 日々のストレスで、藁にもすがる思いだったのです。。 「ザ・シークレット」の効果が無かった理由は、 こちらの記事で)

で、図書館で借りたりアマゾンで古本を買ったりして色々読んだのですが、 どの本にも「人間関係を良くしたいのなら、まず自分が変わりましょう」 と書いてあります。

最初は 「ふざけんな!何で俺が変わらなきゃいけないんだ!! 俺を誰だと思っていやがる!! 変わるべきは、あの無能係長や会社の連中だろ!!」 と思っていたのですが、

どの本にも「まず自分が変われ」と書いてあり、 それが何度も何度も目に飛び込んでくるので、 「う〜ん…そうなのかもしれない…」 と思ってくるようになりました。

※大学入試や資格試験ではお勧めしませんが、 自分の思考を変えたい場合は、色んな本を読んでみるのが良いです。   1人の作者の本だけ読んだら「こいつの妄言だろ」で片づけてしまいがちですが、 別の著者が書いた別の本にも同じことが、さらに別の本にも…となると、 「色んな人が同じこと言ってる…本当かも」という風になってくるからです。

色んな本を読んで、それを紙に書いてまとめたり 頭の中で反芻しているうちに、段々と私の思考が変わっていきました。

その証拠に、恨み帳代わりにつけていた日記の内容も、 「あのクソ係長、死ね!!!!1」 「どいつもこいつもバカばっかりだ!!」 といった内容から、 「この思考は、果たして自分に良い結果をもたらすだろうか」 「人生を良くするためには、どうすればいいだろう」 「良い気分でいれば、周囲の状況に気分を左右されずに済むんだ」 といった内容に変化していったのです。

まるでホラー

そんなわけで、段々と私の思考が変わっていったのですが、 驚いたことに、私の思考が変わるにつれて、 周囲の人間の態度も変化していったのです。

別におべっかを使ったり「みんな仲良くしよう」と言ったわけじゃなく、 ただ本当に、考え方を変えた「だけ」なのに、 私に対するパワハラは無くなり、皆が親切になっていったのです。

よく稲川淳二の怪談や2chの洒落怖で、 「同僚の皮をかぶった何か」「家族の皮をかぶった何か」が 主人公に襲いかかってくるみたいな話がありますが、 丁度あのような感じなのです。

いつも見慣れた「会社の人間の皮をかぶった何か」が、 ニコニコしながら私に対して親切にしてくるのです。

私は最初ビビって 「なんだこいつら、気持ち悪っ!!」 「こいつら…裏で何か企んでいるな」 と警戒していたのですが、 次第に「ああ、自分の思考を変えたからこうなったんだ」 と思えるようになりました。

どういう原理で職場の人間関係が改善されたのかは、 いまだに分かりませんが、 「思考を変えれば周囲の人間も変わる」 「人を変えたければ、まず自分が変われ」 ということは、本当だったようです。

思考を変えるだけで良い

そんなわけで、思考を変えた結果、職場の人間関係も変化したわけですが、 人間関係を変えたい場合は、本当に思考(考え方、意識)を変えるだけで 良いのです。 別に対処法とか、何か行動を起こさなきゃいけない、ということは全くありません。

結果を焦らない

他人を妬まない

このようなことを、腑に落ちるまで、頭の中で考えたり 紙に書いていたりすると、段々と思考が変化してくるのです。

「何から始めてよいか分からん」 「本当にそれだけで効果があるのか分からん」という人は、 まずは21日間、不平不満を言わない生活をしてみてはいかがでしょう。

もう不満は言わない

もう、不満は言わない

もう不満は言わない

私もチャレンジしていますが、いまだに達成できていません。 これだけでも、充分効果があると思います。

※注意!2012年12月あたりで2回ほど達成済。その様子を書いたのは以下の記事。

現状打開のために役立つ記事

メニューに戻る>>