眠れない!

今は簡単に眠れる

不眠症、夜眠れない人へ

子供の頃から、私は気が立ったら眠れなくなる体質でした。

夏休みが終わり、明日から学校だと思うと眠れない。 日曜日が終わり、明日から学校だと思うと眠れない。

さらに、翌日に嫌なことが待ち構えている場合だけでなく、 旅行など、楽しみなことがある場合でも眠れませんでした。

誰か助けて

それでも、小学生の頃はまだ眠れていたのですが、 中学生になると、夜中の0時を過ぎても眠れず、深夜番組を見たり、 ゲームをしたりして、夜中の2時くらいまで起きていることが 度々ありました。

高校になると更に酷くなり、勉強せずに深夜ラジオを聞いて 毎晩過ごし、朝になったら寝ぼけた頭で学校に行き、授業中に眠る という日々を過ごしていました。

(詳細記事:ニート脱出記

その結果ニートになり、昼夜逆転の生活を送ることになりました。 ニートから東大目指した時も、夜は中々寝付けず、試験前日などは 「ロヒ」を飲んで寝ていました。(分からん人は「ロヒ」でググれ)

東大に合格した後も、「酒を飲まないと眠れない」 「薬を飲まないと眠れない」という状態が、ずっと続いていました。 酒も薬も飲まない状態だと、次々と「不安」「恐怖」といったものが 襲ってきて、とても眠れない有様でした。

「念願の東大に合格したのに、一体何だこれは」などと思っていました。

いつまで続く

一番酷かったのは、大学を卒業してからの大阪時代です。

(詳細記事:仕事体験記

働いて金は入るが使い道が無いので、毎晩酒ばかり飲んでいました。 で、寝ようとしても私の周囲の部屋が風俗嬢ばかりで、夜中騒ぐのです。 (悪いことに、アパートが風俗街の近くだった!!!!!)

壁を蹴ったり、相手の部屋のドアまで行って怒鳴ったり 毎晩イライラしながら、夜中の3時まで起きていました。

その後、京都では五月蝿い住人もいなくなり、 酒の量も減って、夜の眠りも大分マシになりました。

しかし、何もしないで寝ようとすると 「明日また仕事だ…嫌だ〜〜!!」とか 「これから俺の人生、どうなるんだろう…」とか 次々と不安が襲ってきて、よく眠れない状態が続きました。

眠れるようになった

山梨では、どうしようもないほどのブラック企業で働き、 身も心もボロボロになりました。

酒の量こそ減ったものの、いろいろな不満が溜まり、やはり眠れない日々が続きました。 そんなどん底にいた私ですが、ある日を境に、段々と安眠できるようになりました。 眠れるようになったのは、以下のように精神を入れ替えたからです。

取り越し苦労はしない: 将来のことを心配するのは、全部取り越し苦労である。 無駄なエネルギーを使わない。

眠るための酒は飲まない: 飲んでも眠れない時は眠れない。酒云々は、眠りの要因ではない。

数日眠れなかったからといって、死なない: 毎日寝なきゃ死ぬといったことはありません。 死んだら死んだ時のことだと思えるようになると、気が楽になりました。

こんな風に、自分の精神を入れ替えることによって、 生きていくことが苦しくなくなり、気分が楽になって、 夜もよく眠れるようになったのです。

あと、ブラック企業を辞めたことで、心の引っかかりというか 抵抗感みたいなものがますます無くなり、現在は酒や薬無しで、 今までの分を取り返すかの如く、1日10時間以上寝ております。

不眠症解消法

現状打開のために役立つ記事

メニューに戻る>>