ブラック企業は餓鬼道の所業

救いはないね

経営が苦しい中小企業の経営者へ

餓鬼道の所業

私は大学を卒業して以来、ずっと中小企業に勤めていました。

(いきなり嘘つくな!上場企業だっただろ!まあ、下記の通り、中身は中小ワンマンそのものだったけどin2015)

京都の会社は一応東証一部に上場していましたが、 それは形だけで、経営形態は正に「中小企業そのもの」でした。

で、どんな感じだったかというと...

  • 従業員にサービス残業させ放題
  • 名ばかり裁量労働制
  • ケチを付けて昇給させない人事システム
  • 退職金は30年間働いて500万円
  • 景気が悪くなれば賞与カット、良くなっても戻さず
  • 会長は運転手付きのセンチュリー(会社経費)
  • 会長は祇園で豪遊(これも会社経費)
  • 日経新聞で京都特集をやっても、悪趣味な広告
  • ネットサーフィンをして寝ているだけの、無能な会長の娘婿は年収800万円以上

「何でお前が他人の給料を知ってるんだ」とか思われるかもしれませんが、 私は経理だったので、お金のことは把握していました。

これで会社の経営状態が良好なら、別に文句は言わないのですが、 何百億円と銀行から借り入れがあって、このザマです。

会長はいつも「金が足りない金が足りない」とイライラしていましたが、 「それはお前のせいだろう」と従業員の多くは思っていました。 (茶坊主や腰巾着はそんなこと思っていない)

山梨のブラック企業(非上場)になると、更に酷くなりました。

労基法無視はお手の物、退職金は30年間働いて200万円(!)、 名前だけで顔すら見たことない従業員(もちろん同族)に高い給与、 社長”だけ”は上場企業社長並みの給与、会社の経費で遊び放題、 行政と癒着してお百姓さんの農地を潰す…

これで社長が大らかな人間かというと、ちっともそんなことはなく、 いつも売上金や借入金の数字を見てはイライラしていました。 そして営業の方々のネクタイの柄にまでケチを付けて 怒鳴っているような人間でした。

この有様は一体何なのでしょうか。 これらは果たして人間の所業なのでしょうか。

私は頭に来ると、昔はよく「人間のクズ」などと言っていましたが、 これら経営者は、最早人間などではなく「餓鬼そのもの」です。

サラリーマンの人なら、分かりすぎるほど分かるでしょうが、 経営者の殆どは、餓鬼道に落ちた「多財餓鬼」なのです。 ※多財餓鬼:金持ちで贅沢三昧しているが、決して満たされることのない餓鬼。 満たされることがないので、贅沢しながらもず〜っと「苦しい苦しい」と苦しみ続けている。

「会社」というものの本質

というわけで、世の経営者連中は「会社は公器」だの 「従業員の生活と幸せが云々」だのと嘘八百を並べますが、 餓鬼道に落ちた餓鬼の言うことなど信じてはいけません。

殆どの会社は、 経営者の「人を支配したい」という欲望を満たすため、 経営者とその一族が好き勝手振舞う欲望を満たすために、 経営者がわざわざ作ったものなのです。

でなきゃ、借金等のリスクを冒してまで、経営しようなどとは思わないのです。 (本当に人の為に経営する「人間」もいますが、そういう会社は栄えます)

経営者の常套句に「俺が金出しているから俺の勝手だろ」がありますが、 正に金で人を支配し、好き勝手に振舞いたい欲望を如実に表わしているセリフです。

私にも虚栄心とか色々ありますが、流石に 他人やその家族を犠牲にしてまで欲望を満たしたいとは思いません。 その辺を平気でやってのけるのが、餓鬼道に落ちた経営者の なせる業なのです。

お前の代わりなどいくらでもいる

そんなわけで、会社経営に苦労されている経営者の皆様におかれましては、 「てめぇが餓鬼道に落ちておいて、経営が苦しいなどと寝言抜かすな」 ということなのですが、 餓鬼道に落ちたモノが運営している会社など、遅かれ早かれ潰れます。

例え今現在は経営が良くてもです。 (ワ○ミなんてその典型じゃないかin2015)

ここで「餓鬼道から抜け出す方法」「経営を良くする方法」など書いても、 どうせ餓鬼共は聞く耳を持たないから書きません。

ただ一つ言えることは 「お前の代わりなどいくらでもいる」 ということでしょうか。

餓鬼の会社が潰れようが、餓鬼一族が借金で首を吊ろうが、 お前ら餓鬼の会社の代わりなんていくらでもあるのです。 誰も困ることはありません。

餓鬼が従業員によく言うセリフですが、そのセリフは 餓鬼や餓鬼の会社自体にそっくりそのまま当てはまるのです。

代用の効くしょーもない商売をしているから、自分の商売が好きになれず、 かといって止めることもできず、その結果餓鬼道に落ちて、 決して安らかになれないまま一生を死んだ後も)過ごすのです。

まぁ従業員を脅したり、腰巾着や茶坊主をはべらせたり、 トヨタなど大企業の経営戦略を猿マネしたり、 JC(青年会議所)やライオンズクラブに入って現実逃避したりして、 死ぬまで自分を正当化して何とかやればいいんじゃないでしょうか。

死んだ後のことは、知りません。

次回は従業員へのメッセージです。

ブラック企業で働いている人へ>>

メニューに戻る>>

現状打開のために役立つ記事