意識が広がる

現実も広がる

現実を広げるとは何だ?

現実とは「知識や価値観に基づくもの」「1人1人違うもの」ということを書きました。

では、「現実を広げる」とは何でしょうか? 以下は私の事例です。

都会暮らしをしていて、車を必要としなかった頃の私は、 「エンジンオイル」が何なのか知りませんでした。 というか、生まれてこのかた、「エンジンオイル」なんて意識したこともありませんでしたし、 エンジンオイルについて知らなくても、困ることなどありませんでした。

「何でエンジンにオイルが入ってんの?ガソリンと違うの?」 「エンジンのオイル漏れ?大変だ!引火して爆発するじゃないか!」 といった感じで、エンジンオイルとガソリンの区別もついていない状態でした。

それが山奥で暮らすようになり、自分で車を運転するようになると、エンジンオイルとは 「エンジンが動く時の潤滑油であり、3000km〜10000kmで交換するもの」 ということを知りました。 それが分かってからは、車の走行距離に注意するようになりましたし、 イエ口ーハットに行って、どのオイルがいいかと迷うようになりました。

変な事例になりましたが、上の例で私が言いたいことは、 車を持つ以前の私にとって、エンジンオイルは私の「現実の外」だった。 しかし車を持ち、車の手入れ方法を知ったため、 エンジンオイルは私の「現実の一部」になった、 ということです。

これが「現実を広げる」ということなんです。 今まで持っていなかった情報を手に入れることで、 生き方を変えたり、ライフスタイルの幅を広げたりするのです。 生きていく上で、殆ど全てのことに当てはまります。

これを読んでいるあなたにも、今までの人生の中で、 新しいことをすることによって、 今まで意識してなかったものを意識するようになった、 という覚えが一つや二つあるのではないでしょうか。

お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>