こうすれば願望が実現する!

多分!

願望実現の公式

前回の記事の続きの前に、明確にしておきたいことがあるので ちょっと書いておきます。

エイブラハム本とか読めば書いてあることなのですが、 私が自分で経験して分かったことは、何かを実現するには

欲求(どれだけ実現させたいか)、 信念(何を考え続けているか)

の2つが必要となる、ということです。

欲求とは「どれだけ実現させたいか」の尺度で、 感情の強弱で感じることができます。

たとえば、借金があって物凄く辛いと感じる場合は 大金や富に対する欲求が強いということですし、 ブランド物のカバンを見て何も感じないなら ブランド物のカバンに対する欲求が弱いことになります。

良い気分にせよ悪い気分にせよ、何かに強い感情が湧き上がってくるなら、 その対象に対する欲求が強いことになるのです。

次に信念とは「自分が考え続けていること」です。 例えばお金に関して、 「オレは豊かだ」 「お金は好きなときに簡単に入ってくる」 とかず〜っと考え続けていると、 無意識、反射的にそう思えるようになり、 それが自分のお金に対する「信念」になるのです。

「そんな都合のいいことがあるか」なんて思った人は、 「お金は簡単に入ってこない」「オレは貧乏だ」 さらには「信念なんてそんなに簡単に変わらない」 という信念を持っている人だということです。

で、これら「欲求」「信念」「願望実現」の3つを 式であらわすと

欲求×信念 = 願望実現

のようになるというのが、私の思うところです。

例えば体がダルいと「爽快な体、爽快な気分になりたい」 という欲求が生まれます。

その欲求に対して「オレの体は爽快になる」とか、 「体の状態なんて考え方次第で簡単に変化する」とか、 「爽快な体なのがオレの自然な状態だ」などという、 欲求と同じベクトルの信念を持つと、 実際に体のダルさが消え、爽快な感じになっていくのです。

逆に、「ああ体がダルい」「いつになったらダルさが消えるんだ」 「サロ○パスもアン○ルツも全然効かないじゃないか」 などという、欲求と逆方向の信念を持つと、 ますます体がダルくなっていくのです。

つまり、欲求に対して、同ベクトルの信念を持つか逆の信念を持つかで、 結果がプラスもしくはマイナスに変化するのが

欲求×信念 = 願望実現 の意味するところです。

ちなみに「今、この瞬間」自分の信念が欲求と同じ方向か逆方向かは、 感情というか感覚で分かるので、なるべくマシな感情に移行させるように していけば、欲求と同方向の信念ができるというわけです。 (この辺のテクニック的なことは、言葉で説明するのは難しい。 私なぞは出来が悪いのか、理解して実感するのに2年かかりました)

なので、自分の欲求と逆のことを考えると、強いネガティブな感情になる 健康と経済状態は、願望実現にはもってこいのジャンルだったわけです。

次回は、私的には欲求の少ないジャンル、 私にとって願望実現の難易度が高いジャンルを挙げていきます。

お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>