願望実現の勢いを強める

精神を加速させろ

願望実現を加速させるために

前回の記事

自分が望むことを実現させるためには、前の記事で書いたように

欲求×信念=実現

の式を頭に入れて、欲求に沿った信念を持ち続ければよいのですが、 人間とは色々なことを考える存在で「雑念」みたいなものが 実現のジャマをしてしまいます。

「そんな馬鹿なことがあるわけないだろう」 「そんなの無理だ」「どうやって実現させるんだ」 「失敗したらどうする」「いつ実現するんだ」 「これが実現しさえすればオレは幸せになるんだ」

こういった思いがあるうちは、 「執着、焦り、不足、恐怖」 といった立場から願望実現を願っているので、到底実現されません。

また、「自分の願望を実現させるためには、○×する必要がある」 なんて思い込みがあっても、強迫観念に近い義務感から上手くいきません。

たとえば、お金が欲しい人に「何でお金が欲しいの?」と聞くと 「貧乏だから」「借金があるから」「不自由な生活をしているから」 などと返ってきます。

しかも、「お金を稼ぐためには苦労しなきゃいけない」とか 「お金を稼ぐためには汗水たらして働かなきゃいけない」 なんていう思い込みを潜在意識レベルで持っていて、 これじゃあ100年経っても埒が明かない状態です。

そんな時に役に立つのが、 エックハルト・トール等の、いわゆる『悟り系』の本や情報です。

今に集中し、「今、この瞬間」に幸せを感じることができるなら 自分がどうなろうが幸せで、その幸せな状態で願望実現を考えたら、 幸せな状態で考えているので、さらに幸せになるというわけです。

要するに、私を含めた願望の殆どが「今」に対する不満が動機となっており、 「今」に不満を持っていては実現するものも実現しなくなるということで、 逆に「今」に満足を感じて更に願望を実現させようとすると、 いともたやすく実現する、ということです。

願望の動機が「不満からの逃避」か「幸福の追求」か ともいえるかもしれません。

この辺は、エイブラハムとかの引き寄せ系の本でも 「すべてはうまくいっている」とか「現状に満足しつつ、さらに何かを望む」 とかいう描写で載っているのですが、 「そう考えればそうなる」「考えれば現実になる」の方に目がいきすぎて、 見落とされているような気がします。

なので、自分の信念とか観念、思い込みといったものを変えたり、 人生を生きにくくしている原因の一つであるエゴと対峙したりするには 『悟り系』の本を集中的に読むのが、私の経験では一番効果的でした。 (参照:ニューアースとの出会い

エゴが何なのかとかは、エックハルト・トールの本に書いてありますが、 今に集中して『脱エゴ』の状態になると、感じ方で分かるようになります。 (どういう風に感じるのかは、文章では説明しにくい。 「『ああ^〜』となる感じ」では説明になっていない気がする)

そういった「脱エゴ」「悟り」状態の時に望むことを考えたりすれば、 実現化が加速していくように感じられます。

私は2012年の12月9日に「悟りのようなもの」を体験し、 そこから状況が大きく変化していきました。 当時はその「脱エゴ」「悟り」状態になるのが2ヶ月に1回でしたが、 1ヶ月に1回、半月に1回、1週間に1回、1日に1回、1日に2回… となっていき、 現在では3分間くらいならいつでもその状態になれるようになりました。

なんだか界王拳みたいだなあとか思うのですが、 練習?すれば段々と進化していくので、興味のある人はやってみてください。 次回は、私にとって未知のエリアのジャンルについて書いてみます。

<2015年追記>

最初の頃は「悟り」みたいな状態をありがたがっていたけど、 それが頻繁になると、何だか当たり前になったみたいで、特に何も感じなくなります。 あと最後の「未知のエリア」についてですが、おそらくワンネスについて書こうとしていた のでしょう。 それも既に経験済みで、新サイトの記事にもしたので、読みたい方は読んでください。

お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>