物質の全ては死の前に無力

諸行無常

500回記念 「死」について

このサイトも開設してもうすぐ3周年で記事数もついに500記事となりました。 これもひとえに読者様の応援のおかげでございます。

そこで今回は500回記念として「死」について、私の個人的見解を書いてみます。

何で死について書こうと思ったのかは、単に書こうと思いついたからで、 別に死生学の論文とかそういう高尚なものではないので、 論文チックなのが好きな人はネットで探すか東京大学出版の本でも読んでください。

以下、思い付きで書きなぐった私の考えを書いてみますが、 何か中二病っぽい内容となりました。

しかし、中二病と哲学との線引きは、 そこそこの高学歴かそれと同等の知性を持つ人が考えることは「哲学」で、 それに満たない人間が考えることは「中二病」であると私の中では定義しているので、 「哲学の尻尾」程度にはなっているんじゃないでしょうか。

結局は死

  • 金持ちでも死ぬし 貧乏人でも死ぬ
  • 社畜でも死ぬし ニートでも死ぬ
  • 東大卒でも死ぬし 高校中退でも死ぬ
  • イケメンでも死ぬし ブサイクでも死ぬ
  • 美人でも死ぬし ブスでも死ぬ
  • 内向的でも死ぬし 外交的でも死ぬ
  • 人から尊敬されていても死ぬし 人から嫌われていても死ぬ
  • 失敗続きの人生でも死ぬし 成功ばかりの人生でも死ぬ
  • 生きていくのが楽しいと思っていても死ぬし 生きていくのが辛いと思っていても死ぬ
  • 生きる意味が分かっていても死ぬし 生きる意味が分からなくても死ぬ
  • 死にたくないと思っていても死ぬし 早く死にたいと思っていても死ぬ
  • 人生の夢や目標を達成しても死ぬし 人生の夢や目標を諦めても死ぬ
  • 酒タバコ夜更かしと不摂生しても死ぬし 自分を律して摂生していても死ぬ
  • 生まれてからずっと健康で病気知らずでも死ぬし 生まれてからずっと病気がちでも死ぬ
  • 自分に自信があっても死ぬし 自分に自信が無くても死ぬ
  • 常にプラス思考でも死ぬし 常にマイナス思考でも死ぬ
  • 悟りを開いても死ぬし 悟りを開かなくても死ぬ
  • こういうことを書くと 「どうせ死ぬなら心を入れ替え1日1秒を大切に生きよう」 などと考える人も死ぬし 「どうせ死ぬなら好き勝手滅茶苦茶やっちゃおう」 などと考える人も死ぬ

全ては茶番

とまあ、何ともいえない文章になりました。

ある日の朝、目が覚めたときに「何やってもどうせ死ぬんだよな」と何気なく口走ってしまい、 上記のような考えが浮かんでまいりました。

※こういうこと書くと「人生に行き詰っているのかお前は」とか思われるかもしれませんが、 そういう心境でなく、氷を日なたに放置していたら水になり蒸発するのを観察するような気分で、 極めて自然にニュートラルな感覚で口走ってしまっていたのです。

私が言いたいのはおそらく「死という現象の前では、全ては茶番」ということだと思います。 (死後の世界とか輪廻とかそういうのは無しで。大体死んだことないのでその類のことは分かりません)

「だから何だ」と言われても困るし、 「それは違う!人生とは素晴らしい云々」なんて道徳の教科書みたいな 価値観を押し付けられても大変困るのですが、

こういう普段は意識しない、タブーとされているような話をすると、 気が重くなる人もいれば気が楽になる人もいるでしょうから、 生きる意味とか他の事柄と同じく、死に対する受け止め方も人それぞれで、 100人いれば100通りの受け止め方があるのでしょう。

ただ「死」という概念および現象自体には良いも悪いも無く、 全てが茶番なら茶番でいいじゃないかと私は考えているのが現在の状況です。

ここまでくると 「やった!オレもついに死への恐怖と生への執着を克服できた!」 などと思ってしまうのですが、 いざ死ぬことになったら「やめろー!死にたくなーい!」とか言っちゃうと思います。

<追記>
「同じ考えの人はいないか」とネットで探してみると、 5年前に2ちゃんで同じような書き込みをしていた人がいました。 その意見に対し「それは怠け者の逃げ口上だ」などという意見もございましたが、 私はそうは思いません。

次の記事につづく>>

お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>