効果ありと思えるまでの期間

ふと気付く

500回記念 変わった、効果アリと実感できるまでの時間

前回記事

引き寄せなど色々やってきて3年間、 ブラック企業脱出して年収900万円になったり、 役職付いてチヤホヤされたり、メガネが不要になったりと、 私の状況は驚くほど変化いたしました。

ただ注意していただきたいのは、 3年たった今だからこそ「驚くほど変化した」などと 言えるのであり、普段の生活は味気ない?もので 「ああ〜俺一体何やってんだろ」 「面倒だなあ」 「最近マンネリだよなあ。嫌だなあ」 などと4〜5割くらいはダラダラと過ごしておりました。

要するに、日々の生活の中で変化を意識できることなど殆ど無く、 振り返ってみることで初めて、やっと変化したと分かるのです。

君の髪は一瞬で伸びるか

引き寄せだの何だのやって人生を変えようと考えている人の中には、 一瞬、一日で変えたいなどと考えている人が大勢いるでしょう。

そのような人に言いたいのは、 あなたの髪の毛や爪は一瞬、一日で伸びますか、ということです。

髪の毛や爪が伸びたと分かるのは「何か気付いたら伸びている」から、 散髪に行ったり爪切りで切ったりするのでしょう。 一瞬でモジャモジャになったり、 フレディみたいな爪になる人がいたら是非とも見てみたいものです。

これと同じで、人生を変えようとするのも、 毎日毎日「変わった変わった」と実感できるものではなく、 ある日ふと気付いたら「ああ、何か変わっているな」と 実感できるものなのです。

※何でここで髪や爪の話が出てくるかというと、身近なもので一番 潜在意識とかに似ていると私が思ったから。 髪や爪なんて意識して伸ばしたり、縮めたりできるものでないのと同じで、 潜在意識を変える云々も、意識してどうこうできるものではないでしょう。 変えよう!という意識は必要ですが。

なので、潜在意識変わったかどうかグチャグチャ悩むのなんて 全くの時間の無駄だし、何も変わっていないと思うなら 「バカヤロー!」と叫べば良いだけの話です。

そんな風に試行錯誤を繰り返していれば、半年、1年、1年半と経ってから 「ああ、随分変わったなあ俺」なんてある日ふと実感できるものなのです。

<追記>
書店にある「○×が一瞬で変わる」なんて本は、 まずインチキか、著者の爪がウルヴァリンのように伸び縮みするのでしょう。

だからといって、日々コツコツ苦労しなきゃいけない と思うのは全くの勘違いで、むしろ苦労は人生の妨げになる と私は考えております。

やっぱり適当に楽にダラダラやるのが一番だと私は思います。

お役立ち記事
能力をアップさせて、現状を打開する
転職お役立ち記事

メニューに戻る>>