実現不能に近い願望

あーダメダメダメ(NSD敏行)

ジャンル別!願望実現の難易度3

前回の記事

前回の記事から1年近く空いてしまいましたが、 今回のジャンルは現在の私には到底実現できない、 つまり実現の難易度がベリーハードなジャンルとなります。

まあ生きていく分には実現しなくても全く困るものでもないし、 ハッキリ言って全く参考になりませんが、書いて面白いので書いていきます。

結婚

まずこれ!ただ棒を穴に突っ込むだけでなく、結婚っ…!!!

棒を突っ込むだけなら金にモノをいわせたりすれば良いので簡単ですが、 結婚というのは「家庭」という状態をず〜っとキープしなければなりません。 人によってはこれが幸福になるのでしょうが、一体何の拷問だというのでしょうか。

こんなこと考えてしまうのは、 人間の心も身体も無常で、同じ状態なんてキープできないと私が思っているからであり、 そもそも子供時代に虐待を受けてきたため、 私が「家庭」というものに対してネガティブな印象を持っているからであります。

そういう人間が寂しさを紛らわすために結婚なんかしたら間違いなく破綻するし、 子供に自分がやられたのと同じことをやると思うので、 絶対にしたくないというのが今の思いです。 (この辺の思考パターンは、別に『毒になる親』とかアダルトチルドレンの本を読まずとも、 自分の内面を観察すればよく分かる)

まあ私なぞは自分の内面観察をしたりして心の平安をそこそこ保てるし、 1人で生きていける知能と健康と経済力があるので、特に結婚せずともOKなのですが、 虐待のニュースが連日報道されたり、貧乏な母子家庭が多いのは、 つまりはそういうことなのでしょう。

要は、独身の皆様におかれましては、1人でも生きていけると 「覚悟(仏教的な意味でもジョジョ的な意味でもどっちでもOK)」できた人には、 1人で生きていけるだけの能力や経済力が身に付き、

寂しさや弱さを結婚で紛らわせようとする人間 (周りに言われたから〜、1人だと寂しい〜、老後が〜老後の世話が〜etc.)には、 その通りのことが起きるということです。

しかし、引き寄せの法則によると「嫌だ嫌だと思っていても実現する」はずなのに、 私の結婚が実現しないというのは、一体どういうことなのでしょうか。

おそらく、こういう内容書いてるから「嫌だ嫌だ」とパフォーマンスで書いているだけで、 普段は結婚について歯牙にもかけていないからでしょう。

(政治的な)世界平和

最後にこれ。世界平和!

セミナー()とか行くと、「みんなで世界平和を祈りましょう」 なんてあったりするらしいけど、これが物理的、政治的な世界平和の意味だとすると とんでもない話だと思います。 「あれ、この人スターリンや毛沢東やポルポトみたいになりたいのかな」 などと反射的に思ってしまいます。

世界平和なんてのは「他人は操作できないし、する必要もない」 という原則に反する究極形であり、 「こちらが相手に平和を押し付ける力があるなら、 相手もこちらに争いを押し付ける力がある」ということで泥沼化すること必須であり、 実際泥沼化した争いは歴史上いくつもあります。

そんなのはゴメンだし、私は自分の好きなように適当に生きていくのが一番で、 そもそも私の周囲は平和そのものじゃないか、というのが今の本音です。

要は、政治的な世界平和は到底不可能だが、上のように自分の現実、世界を平和にすることなら 充分可能ということで、その方法はこのサイトに散々書いております。

以上、ジャンルごとに書いてまいりましたが、これらはあくまで私の思い込みなので、 難しい簡単は人それぞれでしょう。 実現させたい願望があるなら、まずは「実現させることは簡単だぜ」と思えるようになることが 第一歩だと思います。

お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>