結果を焦らず今に意識を集中する

うまみ

結果を焦らない

勉強に限らず、生きる上での全てのことに当てはまるのですが、 結果を出す為に「やり続ける」ことと同じくらい、 いやそれ以上に重要なことがあります。

それは、「結果を焦らない」ということです。 この「結果を焦らない」という心構えは、 現代日本人に欠けている考え方だと私は思います。

なぜかというと、日本人は7歳頃から学校で「早く早く」と 周囲から急かされ、中学校、高校でも「早く早く」、 社会人になっても同じく「早く早く」と周囲から急かされ、 「何をするにおいてにも、早く結果を出さなきゃいけない」 という風に洗脳され、強迫観念を持たされてしまっているのです。

その証拠に、書店に行くと 「1瞬で〜」、「1週間で〜」、「1ヶ月で〜」、「1年で〜」 など、短時間で結果を出すことを煽った本が並んでいます。 (私の旧ブログ名にも「1年間」という文字が付いていたが)

株、ダイエット、自己啓発、受験… 様々なジャンルに渡ってです。 で、そういう本に限ってよく売れています。

車を運転していても、脇道や駐車場から急に割り込んできたり、 黄色信号になっても交差点に突っ込んでくるドライバーが沢山います。

みんな子供の頃からの洗脳のおかげで、 早く結果を出したくて仕方ないのです。 まぁ、早く結果が出せるのなら、 出せるに越したことはないのですが…

「早く早く」の問題点

この多くの日本人が持つ「早く早く」という強迫観念なのですが、 私が考えるに、何かをやったり、結果を出す場合に大きな障害となります。

「早く早く」という強迫観念を持った人は、何をするにしても 早く結果が出てこないことに対して焦りや苛立ちを感じ、 「何で結果が出ないんだ!!」とか怒ったり、 「あ〜あ、これだけやってもまだ出ないんだ…」とかいって、 結果が出る途中で投げ出してしまうのです。

成績が上がらない、体重が減らない等、地道にやり続ければ 必ず結果が出てくる事ですら、途中で投げ出すのです。

また、やり続けていく中で、失敗でもしようものなら 「ほ〜〜ら!!オレが思っていた通り、 やり続けるなんて無駄なことじゃないか!! 全然結果なんて出てこないし!!」 と、鬼の首でも取ったかのように?騒ぎ出し、投げ出してしまいます。

失敗を分析して次に活かしたり、失敗など気にせずやり続ければいいのに、 短期間で結果が出なかったことに失望し、そのようなことはしないのです。

そして、早く結果を出そうと焦る人は、勝つ見込みのない無謀なバクチを打って、 その結果、自分や家族の人生をメチャクチャにしてしまいます。

あなたにも少しは思い当たる節があるのではないでしょうか? 私には大いにあります。

以下私の例。

私の事例

冒頭に書いた周囲からの「早く早く」の洗脳の結果、私は 何をするにしても「早く結果を出さなきゃいけない」という強迫観念を持ち、 高校生の頃には、まるで「飢えたネズミ」のような、 小心で落ち着きの無い人間になっていました。

スーパーのレジに並ぶのでイライラし、赤信号を待つのでイライラし、 とにかく自分の思い通りにすぐ結果が出ないと、イライラする人間でした。 そのくせ小心者なので、いざ自分の身に何かが降りかかると、 気持ちが浮ついて冷静さを失い、右往左往するような人間でした。

そんな私が、受験勉強をしようとしても、訳が分からないし、 1日経ったらすぐ忘れているし、 2、3日やっても全然結果が出てこない(当たり前)ので、 すぐにイライラして投げ出していました。

その結果、受験結果は惨憺たる有様となったことは。 他の記事で書いたとおりです。

社会人になってからは、 パソコンの動作が遅いと腹を立てて叩き壊す、 前の車がゆっくり走っているとパッシングで煽る (小心者なので相手を見て)、 行列には絶対に並ばない など、人生におけるイライラ感は更にエスカレートしていきました。

そんな精神状態の私が、「会社(ブラック企業)の給料が安いから」 という理由で株を始めてしまったのですから、さあ大変です。 値段が下がっているソニーやアシックス株をエイヤッと勢いで買い、 会社では数分置きに株価をチェックし、 上がればこの世の春、下がればこの世の終わり といった感じで一喜一憂している有様でした。

そして「早く上がれ、早く上がって大金よこせ!」と結果を焦り、 イライラして買い玉を増やしていった結果… 2日で20万円の損失を出してしまいました。 ブラック企業の従業員である私にとって、20万円は大金でした。 1ヶ月間、ブラック企業に体と魂を売り渡した対価と同額のお金を たった2日で失ってしまったのです。

今考えると当然の結果なのですが、当時の私にはそれが分からず 「なんで…なんで俺ばかりがこんな辛い目に…!?」 などと、カイジ君にでもなったつもりでほざいていました。 その後、さらに20万円の損失を出して、 魂が抜けたようになっていました。

が、そこは私の悪運尽きないところで、 「株式上達セミナー」という本と 「あなたも株のプロになれる」という本に出会い、 株取引の基本が何であるかを知り、 すぐに取引のスタイルをチェンジし、 損していた40万円を取り戻すことができました。

そんなある日、車を運転してコンビニに行き、 買い物を済ませて通りに出ようとすると、 向こうから車が10台くらいの列になり、こちらに走って来ていました。 待たされるのがとても嫌なので、 急発進して列の前に割り込もうと思い、アクセルを踏みこもうとした瞬間、 「いや…ちょっと待てよ…」 と、アクセルを踏む足が止まりました。

私が株取引で大損害をこうむったのは、 値動きに一喜一憂して浮ついた挙句、 早く結果を出そうとイライラし焦ったためでした。

これに対し、株で生活していく資格のある人は 値動きにピタッと張り付いていく「ねばり」というような 気質を持っている、と書籍にありました。 麻雀でいうところの「腰を据えた打ちまわし」 とでもいうのでしょうか、そのような気質が、 株取引にも必要みたいなのです。

書籍を読んだ時は「ふ〜ん」としか思わなかったのですが、 前述のアクセルを踏み込む瞬間に、 「俺の人生が失敗続きなのは、ねばりが無いから、 焦ってイライラしてばかりだからじゃないのか?」 という考えが、稲光の如く頭に浮かんできました。

そして家に帰った後、自分の頭の中を分析するに、 「早く結果を出そう」と焦燥感を感じ、 イライラするが故につまらない毎日を過ごしていた。 イライラして嫌な気分になり、その気分がさらに イライラさせる状況を生み出していた。

私の人生の中で一番成功したともいえる東大受験では、 「東大合格」という「自分が望むこと」だけをいつも考えていたため、 自分が望む結果を得ることができた。 株で40万円の損失を挽回してプラスに持っていったときも 「早く損失を取り戻そう」という気分はあまり無く、 ただ淡々と売買を行った。

と、こんな事が次々と判明してきました。

そして、自分の人生を振り返ってみたところ、 「早く早く」と焦ってイライラしても 良いことなんて一つも無かったことが実感として分かり、 結果を焦ることをやめました。

もっと腰を据えた「ねばり」の生き方をしようと決めたのです。

自分が望む結果を出すために

という訳で、私の体験を述べましたが、 自分が望む結果を出すためには、 「やり続けること」と同じくらい 結果を焦ってイライラせず、 「腰を据えて望む結果だけに集中する」 ということが大切です。

イライラしないだけで、人生随分と生き易くなります。

そもそも、そんなに「結果を早く出そう」と 焦ってイライラしながら結果を出したところで、 一体何になるというのでしょうか? 結果を出しても「やったー!」などの満足感は ちっとも得られず、イライラが残ったままで、 何のために結果を出したのか分からなくなります。

それに、「早く結果を出そう」などと考え、 結果が出ずにイライラしている人は 「私は自分の望む結果から程遠い、欠乏の状態にあり、 望む結果を手に入れる能力すら持ち合わせていません」 と考えているのと同じことなのです。

株で自分が思うように稼げずイライラしている人は、 「私はクソ貧乏で、株でお金を稼ぐ能力すら無い低能です」 と宣言しているようなものですし、 ダイエットの結果が出ずにイライラしている人は 「私は酷いデブで、体重を減らす能力も無い低能です」 と宣言しているのと同じことなのです。

そして現実は、自分が思った通りに進んでいきます。

そして、イライラの連鎖が重なってくると、 最悪の場合、思いつめてバクチに出てしまいます。 株の場合、信用二階建てなどをやって大借金をこしらえ、 ダイエットの場合、絶食を続けて健康を損ねてしまい… 自分と家族の人生をメチャクチャにしてしまうのです。

今まで受けた「早く早く」の教育などゴミ箱に捨て、 結果を焦ったりイライラせずに、 自分が望む結果にだけ意識を集中させるのです。 自分が望む結果、達成した時の喜びなどを思い続けて、 やり続ければ、望んでいた結果は自ずと手に入ります。

しかも、焦ってイライラしていた時よりも早く手に入ります。 「早く早く」とイライラしていた時は望む結果が中々あらわれず、 「早く早く」などと考えるのを止めた時に、早く結果があらわれるのです。 嘘のような本当の話です。

ですので、あなたも何かやり始める時は、 今までに受けた洗脳から自由になり 「早く早く」などと結果を焦らずに、 腰を据えてやり続けてみたらいかがでしょうか。

<2015年追記>
まあ4年前はこの程度だけど、結果を焦ったりイライラするのは、 「今」と仲良くしていない、「今」と敵対しているから起きること。 人生には「今」しかないので、他人とは仲良くせずとも「今」とは仲良くしましょう。

続き「イライラする人へ」>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>