部活なんてクソ食らえ

家畜養成システム

中学生の勉強 後編

前編は勉強一辺倒だったので、 後半は中学生の生活面を書こうと思います。

それで何が良いかと考えたところ、 やっぱ勉強以外で一番影響のあるのは部活だろうと思い、 部活について書いてみます。

サボれる部活に入る

中学校生活で「明らかにおかしい」と思うものの一つに、 放課後の部活動というものがあります。 やりたい人だけがやっているなら何も言うことはないのですが、 大抵の場合、強制参加です。

ただでさえ学校嫌いな私は、それが嫌で嫌でたまりませんでした。 何で嫌なことを無理矢理やらされなくちゃいけないのか。 今でもそう思います。 やりたい人間だけやっておけばいいのです。

中学生の私は、「何でこんな面白くないものが強制参加なんだ!」 と大いに怒り、放課後になると悪友たちとつるんで 猛ダッシュで学校外へ脱出し、繁華街にあったゲーセンへ避難していました。 3年間で部活に出た回数は、20回くらいでしょうか。 あとは全部サボっていました。

これほどまでにサボりまくっても、私たちは 顧問の教師から文句一つ言われませんでした。 何故かというと、それは私たちが教師も手が出せない程の不良だった… わけではなく、顧問の教師が3年間で1度も部活に出てこない、 私たち以上のサボり魔だったからです。

部活中に事故が起きた場合どうするつもりだったのでしょうか。 保護者達があの惨状を知ったら、激怒していたと思います。

以上、私の体験から何が言いたいのかというと、 「部活サボってゲーセンに行け」というのではなく、 集団生活嫌だ、部活なんてやりたくない、 しかし学校は部活強制参加だ、という人は、 気楽にサボれる部活に入部(転部)しなさい ということです。

同じサボれる部活でも、できれば体育系は避けて 文化系に入りましょう。

なぜ文化系かというと、内申点がヤバいことになって 部活で稼ぎたいと思ったとき、ゆるい文化系なら なんとかなりそうじゃないかという、私の偏見からです。 マジメに出席さえしていれば、 内申点良くなりそうじゃないですか文化系って。

まぁ、定期テストで良い点を取り、入試本番で良い点を取れば、 別に部活の為に中学生活を犠牲にする必要は全く無いので、 部活が嫌な人は日々の勉強をマジメにやりましょう。

前編で書いたとおり、中学生のメインはやっぱり高校入試なのです。 地方の中学生は特に。

やりたくないことはやらんでいい

こんなことを書いていると、 「何を言うか!部活は人間形成の場所なんだぞ!」 という意見が、自分の頭で考えたことが殆どない、 周囲の目ばかり気にする頭の良くない方々から出てきます。

「部活とは考えることを止めた家畜養成所」だと思う私としては、 こんな記事にマジになっちゃう程の家畜根性をお持ちの方は、 学校では部活をマジメにやり、会社では社畜となって経営者を肥え太らせるために我が身を犠牲にし、 最後は屠殺(過労死とか)されるのだろうと思ってしまいます。

それはそれで彼らにとっては幸せな状態なのだろうから結構なのですが、 わざわざこっちにまで自分の価値観を押し付けてくるな、と言いたい。 一方、やりたくもない部活なんてものを、内申点のため、周囲に流されて 嫌々やっている人は、死ぬまでずっとその状態が続くと思ってください。

部活が好き ←好きにやってください

部活が好きで、それを他人にも押し付けようとする ←家畜根性、社畜予備軍

部活が嫌い ←昔の私

部活が嫌いだが、嫌々やっている ←これが問題 

周囲を気にしながら嫌々やり続けて、そのまま社会に出ると、 「内申点を気にしながら、先輩や顧問に脅されながら嫌々行う」部活と 「給料を気にしながら、上司や経営者に脅されながら嫌々行う」仕事と、 何ら変わらないことに気づくと思います。

そして、そのままやりたくもない仕事を嫌々やり続けていると… そのうち老いて、死んでしまいます。 中学生にはまだ想像がつかないかもしれませんが、本当にそうなのです。

じゃあどうするか? 「現代日本で楽に生きる」に書いたように、 家畜の価値観に染まるか、 家畜の価値観を消して人間になるか のどちらかしかないと思うのですが… まぁここまで中学生は考えなくて良いでしょう。

ただ、 「周囲の目ばかり気にしていると、ロクな人生にならない。」 「周囲と同じことをしていると、大した人生にならない。」 ということは、覚えておいて損はないでしょう。

「部活なんて嫌だ!やりたくな〜い!!」という人は、 上記の私の例のように、サボれる部に転部すれば良いでしょう。 そして、部活はサボりまくり、ストレスフリーの状態になって、 レベルの高い高校目指して日々の勉強をやり続けてください。

詰まるところ、中学校は高校入学の為の通過点と 割り切っちゃえばいいんです。

部活嫌だ、勉強も嫌だ、ただ遊んでいたいという人も どうぞお好きになされたら良いかと思います。 何が起きたとしても、誰のせいにもできません。

まとめ

部活はやりたい人間だけやればいい。

やりたくない人は、サボれる部に転部して サボりつつ勉強をやり続けよう。

<追記>
よく「若い時の苦労は買ってでもしろ」とありますが、 若い時に苦労すると、人間卑屈になったり卑しくなったりします。 苦労なんて、しないに限ります。

するとしても、わざわざ部活なんかで苦労したり ストレスを溜めたりする必要はありません。苦労するなら、勉強でしましょう。

お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>