大学生は何を勉強する?

何でもいい

大学生の勉強 後編

前回の記事

今後どう生きたいか

大学を卒業すると、大部分の学生は 就活をした上で、どこかの企業に就職することになります。

それは東大の場合も例外ではなく、 私自身も周りに流されるまま、主体性も無く就活をして サラリーマンとなり、毎日を惰性で過ごしていました。

大部分のサラリーマンは、就職した企業で 何十年も働き、場合によっては何回か転職をしたりして 定年になるまで自由の無い、惰性の人生を送ることになります。

人生の大半を会社や周囲のエゴのために費やす… そんな人生でOKな人は結構なことなのですが、 サラリーマン(社畜)が嫌な人、就活自体をしたくない人は、 一体どうすればよいのでしょうか。

学生時代に準備する

大学院に逃げるという手段が、最も多くとられる手段です。 しかし大学院に逃げても、モラトリアムが数年延長されるだけで、 あまり根本的な解決にはなりません。

やはり、家畜のサラリーマン人生を歩まないためには、 何もしてこなかった私が言うのもアレですが、 「自由になるための手段」 「企業に依存せず自立して生きる手段」 を、大学時代に見つけておく必要があります。

株取引で生活する方法、起業する方法、海外に逃げる方法、小説や漫画で稼ぐ方法、 インターネット上でビジネスを展開する方法… 何でも良いので、自分の好きなもの、 やっていて苦にならないものを大学生活の間に見つけて、 それをとことんやってみましょう。

大学生は自由な時間がたっぷりありますし、 たとえ失敗しても、失敗を糧にして そこから何かを学べば良いのです。

そして、やり続けた結果… 卒業する頃には、何かの手段によって生活できるようになっており、 就活なんて必要無くなっているかもしれません。

やっていて楽しく、それ自体で生活できる、 そのような手段を見つけることこそが 大学生の時に学ぶべき最も重要なことだと 現在の私は思います。

ぶっちゃけてしまうと、東大などの良い大学に入ったからといって、 それで人生万事OKなどということは、ありえないのです。 ですので、学歴など自分の価値観から排除して、 何でも良いので好きなことにチャレンジしてみましょう。

何かを始めた時、一歩を踏み出した時、 あなたの人生は大きく変わることでしょう。

※何でもやってみることは人生を変える為に重要なことですが、 学生起業を騙った詐欺や、カルトだけには 充分気を付けてください。

お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>