公務員のようなサラリーマン生活

退屈でたまらない

仕事と転職体験記2 大阪で公務員生活編

今の仕事が嫌なら転職すればいいじゃない!
転職エージェントは、転職コンシェルジュの「ワークポート」

前回の記事

会社での日常生活

今思い出すと、大阪での生活はかなり楽しかったです。

しかし、当時は劣等感や、私を経理から排除した 会社への恨みで、生活を楽しむ余裕なんてありませんでした。

まぁ、思い出が美化されたといえばそうかもしれませんが、 転職後の京都での生活は、今思い出しても楽しい思い出が無いです。

そんな大阪時代の、ある日の仕事風景を紹介します。

7:50起床。
  二日酔いで不愉快極まりない。 「嫌な一日が今日も始まる」と考えると、嫌になる。 水を飲んで歯磨いて、髪の毛をきちんとして、 ネクタイを締めて出かける。

9:00始業。
  チャイムが鳴っても飲食は自由なので、 コーヒーサーバからコーヒーを注いできて、 昨日買ったパンをモソモソ食べ始める。 30分くらいかけて優雅な朝ごはんを食べる。 コーヒーとパンの朝食… もはや気分はパリジャンである。 食後はヤフーニュースや2ちゃんねるを見て過ごす。 公務員の無駄遣いなど、社会悪を取り上げたニュースに対して、 怒りと嫉妬の感情を沸き上がらせる。

10:30ニュースを見て気分が悪くなったところで、タバコを吸いに行く。
喫煙も自由で、当時はパーラメントを吸ってた。 タバコを切らしたら、隣のファミマで買っていた。 外出もバレなきゃ原則自由。

喫煙所で他部署の偉い人と出会うと、 世界情勢などについて、「いかにも東大卒」っぽい 意見を述べたりする。 要するに専門用語を使ってよく分からんことを言っていた。 これが嫌で、1人になりたい時は、屋上でタバコを吸っていた。

11:00Lotus Notesのデータベースをちょこっと作る。
が、すぐ飽きる。 隣の席のAさんに 「009とエイトマンって、どっちが足速いんですかね?」 などと、下らない質問をする。 しばし馬鹿話や猥談で盛り上がる。

12:00昼ごはん
ドーチカの551で弁当を買ったり、 第3ビルの沖縄料理とかを食べていた。 (北斗星のスープカレーも好きでしたが、二日酔いの身で あれを食べると午後ずっと胸焼けで過ごすことになるので、 あまり食べませんでした。)

13:30食後なので眠くなる。Aさんが1時間半の昼寝に出発する。

14:00眠気が酷くなる。
タバコを吸いに行ったり、 休日の予定を立てたりで、眠気を紛らわせようとする。

15:00この辺まで記憶が途切れる。
Aさんが昼寝から帰ってくる。 NTTが、サーバの記録テープの交換にやってくるので 確認とサインを行う。

16:00ネットサーフィンしながら、残ったプログラムの残りをやる。

17:25終業。
残業は殆ど無し。 帰りに阪神百貨店の地下で惣菜を買って帰る。 酒は近所のスーパーで買う。 たまに外食して帰る時もあり。

18:30帰宅。
風呂に入った後、 2ちゃんなどのネットをやりながら、 夜中の2時まで酒を飲む。

26:00就寝。
「明日も仕事か・・・嫌だな〜」 と暗い気持ちになりながら眠りにつく。

どうです?素晴らしい1日でしょう。

「仕事はいつやるんだ!!」と言われるかもしれませんが、 2時間程度はやっているんですよ、物凄いスピードで。 それで何とか誤魔化しているわけです。

そのスタイルは、今でも変わりません。 受験の時から身に付けていた勉強が、デスクワークにまで役立つとは思いませんでした。

もし出世欲があるのなら「自分で仕事を見つけて…」 などと、いかにも家畜の発想をして課長の気を引いたりするのでしょうが、 あいにく私には出世欲がありませんでしたから…

家畜に序列を付けても、仕方の無いことだと思うんです。 1ヶ月に1〜2回は7時間近くマジメに仕事することもありましたが、 大体は上記の様か、それよりダラケた有様でした。

東京、神奈川、千葉、埼玉の転職type
東京、神奈川、千葉、埼玉の転職は地域に特化したtypeで

メジャー転職DODA
全国版の転職はそこそこメジャーなDODAで

公務員は本当に良いものか?

いきなり話が変わりますが、県庁や市役所で事務をやっている人達も、 私との違いは仕事のスピードくらいで、後は大体私と同じなのではないでしょうか。

だからなんです。私が公務員の人達に嫉妬しなくなったのは。

上記のように私の大阪時代を書き出してみると、 「何とも舐めた生活をしているな」と 今では思えるのですが、実際に仕事していた当時は、 「自分は悲劇のヒーロー」と自分で思っていたわけです。

公務員(事務職)と同じような生活をしながら、 公務員のボーナス額や天下りを妬んだりもしていますし。

つまり、私は上記のような公務員並の生活をしていても、 全然幸せではなかったし、「良い気分」でいられなかったのです。 公務員の人達だって、大体は私と同じ気分でしょう。

ダラダラ怠けてばかりいる公務員の人達が本当にハッピーならば、 市役所や県庁はもっと明るい雰囲気のはずなのに、 実際に役所に行ってみると、何かドンヨリしています。

しかも事務仕事の公務員は、部署をたらい回しにされて 自分がやりたい仕事なんて選べないみたいですから、 経理行きたくても行けなかった私と境遇が似ています。

たとえダラダラ仕事ができて、年収700万円でも、 私はあの雰囲気の中で働きたくありません。

だって私は、大阪時代の経験により 「不満ばかりに意識を向けて、時間を拘束されてダラダラ生きていくこと」 の虚しさを知っていますから。

マスコミの煽り等によって、 公務員はますます批判の矢面に立たされるでしょうが、 マスコミなんかの煽りに乗って公務員を妬むのはやめませんか。

他人を妬んだって、自分の状況は全然良くなりませんよ。

どうしても妬みたいという人は、 「嫉妬心と向き合う」を是非とも読んでみてください。

次回に続く>>

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

お役立ち記事

転職お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>