退職後におこなう手続き一覧

適当にやればよろしい

退職後の手続き 共通編

今の仕事が嫌なら転職すればいいじゃない!
転職エージェントは、転職コンシェルジュの「ワークポート」

前回「退職届の書き方、出し方」

退職届を出した後は、色々と手続きをしなくちゃいけません。 今回は、転職先が決まっている人、いない人共通の手続きを書いていきます。 住所変更ばかりですが、忘れずにやっておきましょう。

転出届

まずはこれ。

自分が住んでいる市役所、区役所に転出届を出します。 転出届は14日しか有効期間がないので、 引っ越す直前に転出届を出しましょう。

転入届 実印登録 免許証の書き換え

転出届を出してから14日以内に、引越し先の役所に転入届を出します。

転入届を出す時に、実印登録もしておきましょう。

転入届を済ませたら、住民票を1枚もらい近所の警察署に行って、免許証の住所書換え手続きをしましょう。

郵便転送手続き

引っ越す前の住所へ郵便物が届いた場合に、 引越し先の住所に転送してくれるサービスです。

1年間有効なので、住所変更し忘れていたものがあっても大丈夫、ということになります。 ネット上でできるので、さっさと手続きしておきましょう。

電気

ネットで手続き可能です。

ガス

東京ガスや大阪ガスならネットで手続き可能ですが、 田舎のプロパンガスとかは、電話で手続きしなきゃいけません。

水道

水道局に電話しましょう。 東京などの都会ではネット手続き可能。

ネット

光、ADSLなど、どのラインを使用していても、転居手続きなり 解約手続きはしておきましょう。 当たり前ですが、手続きはネット上でできます。

プロバイダ

ネットの解約手続きだけでなく、プロバイダの手続きも忘れずに。 案外忘れる人が多いです。 これもネット上で手続き可能です。

携帯

携帯電話上で手続き。

民間保険

生命保険とかのアレです。 年末の確定申告で必要な書類が送られてくるので、 きちんと住所変更しておきましょう。

クレジットカード

ネット上で住所変更手続き可能。

今の会社を辞めたら、すぐに転職先に移る人はここまでの手続きでOKです。

辞める会社から、 年金手帳 ・雇用保険被保険者証 ・源泉徴収票 を忘れずに貰っておいて、転職先の会社に提出すれば、 あとは転職先の会社が適当にやってくれます。

次回は、辞めて無職になる人の手続きについて書いていきます。

次回「退職後の手続き 無職編」>>

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

お役立ち記事

転職お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>