確定申告は簡単

ただ数字を写すだけ

退職後の確定申告のやり方

2月〜3月に行われる確定申告は、退職者にとっての一大イベントです。 何せ今まで会社任せだった所得税の申告を、自分でしなきゃいけません。 (私は経理にいた時、他人のもやっていたのですが…)

そこで今回、私の経験も含めて、退職後の確定申告について書いてみます。 主に独身者の為の説明なので、住宅ローンを組んでる人や扶養家族がいる人は、 他のサイトを参考にしてください。

簡単な説明

算定期間:昨年の1月1日から12月31日までの1年間

用意するもの

  • 申告用紙(税務署で貰ってくる)
  • 証明書貼付用紙(税務署で貰ってくる)
  • ※上記2つは国税庁のサイトからプリントアウトでもOKというか、サイトで数字を入力してから プリントアウトすれば良い。
  • 退職した会社から送られた源泉徴収票(以下源泉票)
  • 年内に支払った国民年金の証明書、健康保険の証明書
  • 民間の生命保険の支払い証明書

使う数字

  • @給与の額(源泉票に記載)
  • A社会保険支払額(源泉票に記載)
  • B退職後の国民年金支払額(国民年金支払証明書に記載)
  • C退職後の健康保険支払額(健康保険支払証明書に記載)
  • D生命保険支払額(保険会社から送られてくる)
  • 65万円:所得控除額
  • 38万円:基礎控除額

算定式: @−(65万円+A+B+C+D+38万円)=所得金額

所得金額×税率=X(差引所得税額)

X>源泉票に記載された徴収額⇒追加納税
X<源泉票に記載された徴収額⇒還付

こんな感じです。 年の途中で退職した人は、大抵の場合税金が還ってきます。 必要な数字を揃えて足し引き掛け算するだけなので、簡単すぎます。 小学生でもできるんじゃないでしょうか。

扶養家族がいる人や住宅ローンがある人は、さらに税金が安くなります。

配偶者と住宅ローン

「扶養家族や住宅ローンがある人は税金安くなるのか。いいな〜」 と思ったそこのあなた!それは大間違いです。

私がブラック企業で全従業員の源泉書類をチェックしていたのですが、 ブラック企業なんかに勤めて住宅ローンなんて組んだら、地獄です。

「この人、きちんとローン返せるんかいな」と思える位の給与しか貰ってない人が多数なんです。

自分の家(しかも負債を返済しきっていない、資産とも呼べない代物)や妻子を人質にとられ、 ブラック企業で身を粉にして働いているようなものです。

これは「自由」とは程遠い存在だと私は思うのですが、いかがでしょうか。

何が言いたいのかというと、妻子はともかく、ローン組んでまで家買うな。 買うんだったら一括で買え、ということです。

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>