長い

読む気がしない

概要説明『7つの習慣』 その1 主体性を発揮する

今の仕事が嫌なら転職すればいいじゃない!
転職エージェントは、転職コンシェルジュの「ワークポート」

前回の記事

選択する能力と自由を取り戻す

まず第一の習慣「主体性を発揮する」です。

文字だけ読むと「何事にも進んで取り組みましょう」みたいな感じですが エイブラハムの引き寄せとかエックハルト・トールとか読んだことある人なら よく分かっているであろう、

全てのものごとに対する言動や反応を、 無自覚・無意識でなく「主体的に」選択する

という理論です。

自分の行動や反応に対する責任、「全ては自分次第」を自覚することで、 周囲を変えることができる、というやつです。

ここで重要なのは、行動だけでなく、感情や、 周囲の刺激、言動に対する反応すらも自分で選択し、 その選択に対して責任を取るということです。

無自覚な言動や反応というのは、

悪口を言われたらカッと怒って言い返す、 金を拾ったら喜ぶ、 物を無くしたら焦って「もうおしまいだ」と叫ぶ、 大事にしていたものが壊れたら青くなったり赤くなったりする、 悪いニュースを聞いたら不安になる

など、エゴや劣等感に基づく言動や反応のことです。 (ここでは詳しく書きませんが)

こんな言動や反応をしている限り、人生が上手くいかないのは、 当たり前といえば当たり前なのではないでしょうか。

周囲の人や外部の物、状況に対して一々反応したりするのは、 自分が人生の主人公ではなく、他人や周囲に人生の手綱を 握られているからです。

無自覚から抜け出すには

無自覚状態を解消するには、 まずは日常生活における小さなことから 「なぜ自分はこんな言動や反応をしたんだろう」 と無自覚状態を「自覚する」ことでしょう。 (他の本では「気付き」とも呼ばれているやつです)

その自覚を繰り返していくことで、 段々と自分の言動や反応に対する責任を自覚できるようになります。

結果、自分の言動や反応を選択する自由と、選択する能力を 段々と取り戻すことができるようになるのです。

第七の習慣に関係しますが、 エイブラハムやエックハルト・トールの本を読んで 知識を吸収するのも良いかもしれません。

いきなり一発目から難易度の高い習慣が出てきましたが、 モノにできればこれほど心強い習慣もないと思うので、 人生変えたい人はやってみてください。

※などと簡単に書いていますが、なかなか上手くいきません。 「苦しみがエゴを浄化させる」という言葉の通り、 ある程度苦しんでみないと分からないところもあると思います。 というか、苦しみが続く限り修行や学びが続き、 苦しみの終わりが悟りであると思った方が良いかもしれません。

次回に続く>>

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職のマイナビITエージェント

お役立ち記事

転職お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>