Win-Win!!

うn

概要説明『7つの習慣』 その4 Win−Winを考える

前回の記事

今回からは「公的成功」に必要な3種の習慣を解説していきます。

注意してほしいのは、 いきなり「相手の気持ちを理解」とか「相手の立場」などとやり始めると、 他人にカモにされたり他人に振り回されるだけなので、 まずはブレない自分を作り上げる「私的成功」を目指しましょう。

その上で公的成功を目指すべきだと私は思います。

それではいってみましょう。

人間力を高める

あるメーカーでは、部長クラスの人間の評価を 部下に決めさせるそうです。

部下に「あなたはこの上司と来期も働きたいですか?」とアンケートをとり、 部下からの評価が低い部長は退職に追い込まれてしまうのです。

この時に鍵となるのが部長の「人間力」だそうですが、 「人間力」と言われてもいまいちピンときません。 ただ、人間力を上げるための方法は存在し、それは以下の通り (本書では「信頼残高を増やす」という名前で登場)

@相手の価値観、重視している事柄を知る。 A小さな心遣い、礼儀を大切にする。 B約束を守る。 Cお互いが期待することを明確にする。 D誠実さを示す。 E過ちには誠意をもって謝る。

人間力を高めた上で、Win−Winの関係を築けばよいわけです。

※他に人間力を高める方法としては「他者の存在を認める」 つまりあいさつとか声かけ等をするというものがあります。 これらは私が某管理者セミナーで教えてもらったことなので、詳細は省きます。

win-win

ただ、しつこいようですが勇気が無い(ブレまくり)だと、 ただの卑屈な人間になってしまい、Lose−Loseや Lose−Winの関係になってしまうので要注意です。

No Deal

自分がブレているのに気付いたり、どうも関係がこじれそうならば、 思い切って関係自体を切ってしまいましょう。

Win−Winの関係、もしくはNo Dealの2択に してしまうのです。

関係を切るだけでなく、電話やメールの返事を無視する というのも、一つの手です。

どうせ返事しても相手は怒るだけなので、自分に利が無いと思ったら 返事をしないようにしましょう。(私もこのサイトで実践中)

自分も相手も嫌な気分になるよりかは、関係自体を無くす方が、 よっぽどお互いのためになるということです。 あと「断捨離」というものもありますが、一番重要な断捨離は 人間関係の断捨離だと私は思うのですが、いかがでしょうか。

豊かさマインド

最後に、この章で一番役に立つ豊かさマインドについてです。

このマインドを持っていないと、たとえ大金を持っていても 金を失う恐怖に押しつぶされ、結局貧乏になってしまいます。

豊かさマインドというのは、

豊かさは無限にある ⇒他人が成功しても、自分の取り分は減らない ⇒他人の成功を誉めたり、お互いが満足できるように振舞う

みたいな思考パターンのことです。

これに対して「欠乏マインド」というものがあり、

豊かさは限られている ⇒他人が成功すると自分の取り分が減って損をする ⇒他人の成功を妬み、妨害しようとする

という、大多数の人が持っている思考パターンのことです。

金持ちになりたければ、大多数と異なる思考パターンを持てば 楽勝なのですが、なかなか実践できません。 (でなけりゃ、私も年収700万円といわず7億円くらいになっている)

豊かさマインドを身につける方法は色々あるでしょうが、 私的には自分の思考を観察し、 「今抱いているのは豊かさマインドか欠乏マインドか」 と、自分に問いかけてみる方法が手っ取り早いと思います。

次回に続く>>

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職のマイナビITエージェント

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>