社内ニートを楽しむ!

そして時期がきたら転職

社内ニート万歳! 嫌なら転職しろ編

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

前回の記事

将来の夢=仕事という幼い頃からの洗脳

これは何かの本で読んだし、私も常々思っていたことなのですが、

少し分別のつく年齢、例えば小学生なんかに「将来の夢は?」と聞いたら 「アイドル」だの「サッカー選手」だの「公務員」だの「医者」だの、 職業に関する答えばかり返ってきます。

何で将来の夢が働くことばかりなのでしょうか? 「世界一周」とか「家でゴロゴロしたい」なんていう夢を 持っても良いと思うのですが、 小学生時の私のように「ねてくらす」なんて答えたら 親や教師から「なんて非道徳的な!」「お前は人生を舐めている!」 なんて怒られてしまいます。

※話は逸れますが、「ねてくらす」なんて書いた私が東大卒業して 好き勝手やって生きているのは、何とも皮肉であると思うのですが、 世間やら常識やらに従って生きてきたか、 自分や自分の感性に従って生きてきたかの違いでしょう。 まぁ、東大云々も世間のモノサシでありますし、 何が良いか悪いかなんて、本人にしか分かりませんが...

このように、現代日本では「人生=仕事や働くこと」などといって、 小さい頃から調教され洗脳されてしまい、 さらに学校や部活動などで身に付ける「空気を読む能力」や 同調圧力により、そう考えざるをえない状況となっていまいます。

そのように洗脳された人々が、 金持ちを太らせるための肥やしとなってしまっています。

「お金≠仕事」と同じように、 「生きること≠仕事」だということを実感するための第一歩として、 社内ニートという立場はうってつけだと私は思います。

必要なのは「働いてやっている」という意識

このように私が述べても、大抵の人は「そうは言っても・・・」 と尻込みしてしまうことでしょう。

そういう人たちには荒療治が必要で、 その荒療治の元となるのが「働いてやっている」というマインドです。

現在はグローバル化などといって、日本の終身雇用や年功序列が 破壊されてしまっているので、労働者のマインドも グローバル化しちゃおう、というわけです。

やれ感謝が必要だの、そんな心がけじゃきちんと仕事できないとか 思われるかもしれませんが、感謝なんて別の機会にすればよいし、 社内ニートなんて元々ロクに仕事してないじゃないですか。

なので、朝起きたら「さあ、会社に働いてやりに行ってやるか!」 という気分で支度し、朝礼のときは「お前らのために働いてやるんだぞ」 と思い、

隠れてネットサーフィンしている時は 「俺がこうやって机の前に座ってネットをやっているから、 この会社、ひいては世界経済がまわっているのだ!!」 と思えばいいんです。

何回も思い続けていれば本当にそう思えて、何かが変化していきます。

周りの同調圧力に屈し、奴隷根性丸出しで 「この会社で働かせていただき感謝します」 なんて自分の気持ちを裏切ることを考えるよりも、 何倍も健康的だと思うのですが、いかがでしょうか。

というわけで、以上のような気概を持てるようになれれば、 今の職場で、もしくはどこか適当な場所に転職して 社内ニートライフを満喫できるようになります。

私などはブラック企業を渡り歩いていたときも 社内ニートライフを満喫していたので、 「社会人」「サラリーマン」なんてその程度のものです。

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

お役立ち記事

転職お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>