学習性無力感を解消

まずはやってみる

解説まとめ『自分を動かす』その10

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

前回の記事

今まで1記事1章でやってきましたが、前回まででこの本についての一通りの解説は済み、 あとは今までの重複というか、蛇足なので、章とか関係無しにすっ飛ばして 今まで以上に適当に書いてまいります。

本当のところを言わせていただくと、 この本のキモは7章までで、 7章まで(特に6章7章)を繰り返し読めば充分です。

※あくまで私の感想ですが、一読された方は分かると思います。

というより、こういう類のノウハウ本を読むとき、 「全部読んで頭に入れなきゃいけない!!」 なんて考える人は、間違いなく完璧主義に陥っているので、 まずはそこを自覚して治していきましょう。

こういう本は、自分の心に残ったところ、身に付けたいところ、 自分に都合の良いところを抜き出して、それを繰り返し読めばよいのです。

自分を傷つけるのは自分

P.148には「私たちが心に痛手を受けたと感じるのは、他人の言動によるものでなく 自分自身の思い込み」なんて書いてあります。

自分の思い込み次第で傷付きもするし、平然ともしていられるということは、 自己の内面を観察すればよく分かりますが、内面観察なんて私のような物好きくらいしかやらないので、 仕事に邁進されている皆様におかれましては、「ああ、そういうもんなんだな。セルフイメージとか 高めれば、他人の言うことなすことに一々左右されなくなるんだな」と思っていただければよろしい。

ともかく、セルフイメージが高い(=劣等感が少ない)と、他人から何やかんや言われても そんなに動揺することはないし、一々自分の幸せを他人の挙動に左右されることも少なくなるので、 まずは人から何か言われて傷ついた時、「あ、俺は今傷ついた!」 と気付くことから始めましょう。

あとは繰り返しでセルフイメージを高めれば、段々とコツみたいなものが掴めてきます。 ※繰り返しについては、P.15あたりを参照してください。

考える前に行動

P.55には「他人との比較や”平均”というものを持ちだした途端、能率はガタ落ちする」 と書かれておりますが、それは「常識」というものについても同様です。

P.163に書かれている通り、他人の目を気にしたり世間で常識人として振る舞うのは、 成功するのには障害にしかなりません。 自分の「良心」というものが、実は良心でも何でもなく、人生の障害になっていることに気付きましょう。 (だからといって「俺は常識にとらわれないぞ!」とか言いながら裸で表を走るのはNG)

さらに「何かする度に押さえつけられると、”何もしない人間が正しい”と思ってしまう」 なんて書かれていて、幼い頃から何かと親に押さえつけられ、学習性無力感に陥ってしまった 私にとっては、身につまされる思いの記述となっております。

私の場合だと、親に押さえつけられていた期間が15年くらい、 それに気付いて試行錯誤しながら解消にかかった期間が7〜10年くらいでしょうか。

ただ、解消の進捗具合がラスト1年(私の場合このサイト開設前後)あたりで 20から90に跳ね上がった感じがするので、 人や情報や諸々の「出会い」があれば、たとえ数十年間苦しんでいたとしても、 数年で解消できるかもしれません。

そんな私のことは置いといて、本書には「行動する前に考えるな!」とか書いてあり、 私も7割程度同意で「たとえ失敗しても最悪死ぬだけ、失敗しようが何しようが、 ずっとその失敗を覚えているのは俺くらいのもの」くらいに考えて、 やりたいことあったらドーンとやってみりゃ良いと思います。

私の東大受験もそんなノリで無責任に始めたのを思い出しました。

以上、学習性無力感を解消するためには、@.良い人や情報との出会い、A.まずはやってみる、 の2点が重要だと思います。

この話についての無料冊子『自分を不幸にしない13の習慣』
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

次回に続く>>

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

お役立ち記事

転職お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>