資格試験は何の役に立つ

立つといえば立つ

新☆資格は役に立つのか!?

この資格試験のコーナーは2年近くほったらかしにされており、 最後に書いた記事がブラック企業に在籍中のものだと最近気付いてしまいました。

流石に放置はマズイと思うので、リニューアルがてら、 2年経った現時点での、私の資格試験に対する考えを述べてみます。

まず、私が持っている各資格の是非について書いてまいります。

  

簿記2級、簿記3級は役に立つ

日商簿記必勝法のページ>>

これが一番役に立っている気がします。 経理の仕事がやりたい人は、2級程度は必須となるので、 さっさと勉強して取得するようにしましょう。

高卒レベルなら取れる、というか、商業高校レベルの問題なので、 その辺の大学生や社会人でも取れると思います。

経理にいなくても、確定申告で青色申告する場合は、 3級程度の知識は必要になるので、 将来独立したい人とか、個人事業主をやっている人も 勉強して損はない資格です。

というか、会社勤めにせよ独立するにせよ、絶対に金はついてまわるので、 どこへ行くにも簿記の知識くらいはつけておいた方がよいです。

  

行政書士はそこそこ役に立つ

行政書士4ヶ月間必勝法のページ>>

以前はあまり役に立っていなかったのですが、 現職では役所に届ける書類とか全部チェックして訂正して申請するなどの 業務もやっているので、折に触れて「これが行政書士の仕事なんだよなあ」 と思うことはあります。

また、行政書士程度の知識があれば、よほどの大企業でない限り 法務担当になったりするので、 法務の仕事がしたい人は行政書士くらいはとっておきましょう。

宅建は少し役に立つ

宅建独学必勝法のページ>>

現職は不動産業界ではないので、あまり役に立ってないと思いきや、 不動産業者と話したり、借上げ社宅の管理とかするときに ちょっとだけ役立っております。

FP技能士は立たねえなあ

FP3級の勉強法のページ>>

これほど役に立ってない資格もございません。 というか試験受けたのが10年前なので、 学んだ内容や試験内容をすっかり忘れてしまいました。

ただ銀行によっては、担当者の名刺の肩書きに 「CFP、AFP」だの「FP技能士2級」だの書いてあるので 銀行業の人は役に立つのかもしれません。

しかし、そういう肩書きを書いている担当者に限って、 クソみたいな提案をもってくるので、やっぱり役に立たない 資格じゃないかと思ってしまいます。

リテールでマヌケな主婦やジジババを騙したり、 零細企業のアホな経営者を騙すには良いのかもしれませんが、 私は騙されません!!!!!111

自動車免許

役に立つ立たないの問題ではなく、田舎で車がないと生活できません。

身分証にもなるのでさっさと取っておいた方が良いと思いますが、 最近は田舎でもアマゾンとかの通販で事足りるし、 移動なら自転車でもOKだしということで、 別に無くても困らないかもしれません。

が、地方で営業職とかに就くなら、車は必須になると思いますので、 やっぱり取った方がいい気がします。

私みたいに車を全損させてもなおドライブが好きな人は、 是非とも免許をとりましょう。

結論

適当に会社勤めするなら、簿記3級くらい持っておけば、 その後の人生捗ると思います。 また、一見関係無い資格を取得しても、 何らかの形で役に立つことがあります。 『巨人の星』で花形満や川上監督も同じようなこと言ってました。

以上、こんな感じで書きましたが、 次回は資格と就職について書いてまいります。

次回に続く>>

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する
転職お役立ち記事

メニューに戻る>>