文系にとって国語は得点源

理系は何とか凌げ

東大国語勉強法

現代文編

現代文は今までの人生の積み重ねか

私は現代文の勉強を殆どしませんでした。

幼稚園の頃から暇さえあれば本を読んでいたため、 かどうかは分かりませんが、小中高と現代文では苦労したことなかったので 「東大受験といっても、勉強する必要なんてないだろう」と考えていました。 (そんな心がけだったのでセンター本番の小説問題が0点だったのですが)

なので、赤本の過去問と、Z会東大コースの問題しかやっていません。

赤本とZ会東大コースも、試験本番の小難しい文章に馴れるためというか、 高校時代はエ口マンガや受験勉強のノウハウ本ばかり読んでいたので、 読解力が相当落ちていたことへのリハビリ感覚で勉強していましたから、 終始気楽な気分で勉強しておりました。

出口ナントカの問題集もやってみたのですが、 肌に合わないのでやめました。

現代文解く上で気を付けることといえば、

@「どういうことなの・・・」と問題文にあれば、 「〜〜ということ。」と解答し、 「理由を書け・・・」、「なぜか・・・」と問題文にあれば、 「〜〜だから。」と解答するなど、解答の語尾に気をつける。

A英語の和訳問題と同じで「それ」「あれ」などを明確にして解答すること。

B解答を文中から探し、文中の言葉を使って解答する。

C漢字の問題を落とさないこと(できれば5問全部完答したい)。

これくらいでしょうか。

現代文が苦手な人はどうするか?

でもこれでは現代文が苦手な人があまりにも置いてけぼりなので、 現代文が苦手という人に、短期間で現代文の力を伸ばす最適な方法をお教えします。

それは、新聞の社説をノートに手書きで丸写しする という方法です。

別に新聞を購入する必要はありません。 今の時代、ネットで「社説」と検索すれば、社説なんて簡単に見られます。

意味の分からない言葉があれば、辞書で調べます。 文字が潰れてよく見えない漢字があれば、辞書で調べます。

そうやって、パソコンの画面に映っている文章を、 手元の紙に鉛筆で丸写しするだけです。

「そんなことで本当に現代文の力上がるのか?」 と思われるかもしれませんが、上がるんですよこれが。

というか、これは昔から言われているやり方で、 ネットで社説が自由に閲覧できる今こそ行うべき勉強法だと思います。

面倒くさい? 確かに面倒ですが、これが一番簡単な方法です。

本来は現代文の入試問題文を丸写ししたいところですが、 現代文の問題文は丸写しするには長すぎます。 社説くらいの長さが丁度良いと思います。

ちなみに、文章を書き写さずに、ただ眺めるだけでは、 現代文の力は殆ど上がりません。 東大入試での漢字問題を完答することすら無理でしょう。

バカ丁寧な字で写す必要な無いので、 1文を丸写しするのに20分くらいかけて、それを21日間、3週間続けてみてください。 21日後、現在より文章を読解する力が向上していることに、気がつくでしょう。

力が付いたと感じられたら、現代文の問題集(自分に合うなら出口でも可)を買って、 1題でも多くの問題を解けばよろしいかと思います。 何の科目でも同じですが、 問題を沢山解けば、現代文の成績も自ずと上がります。

更に力を付けたいなら、インテリ気取りのオッサン連中が書いた、 小難しい評論文でも読みましょう。 なぜなら、東大現代文には読みづらい、所謂「悪文」ばかりが出題され、 そしてインテリ気取りは分かりにくい悪文を書くのが大好きだからです。

インテリ気取りは、中身の無いことを、さも中身が詰まっているかのように、 言葉をこねくり回して難解に書くのが大好きなのです。 (このサイトの文章も読み辛い、分り難いものとなっております)

考えてみれば当然の事で、分かりやすい文章なんて出したら みんな満点を取って点差がつかなくなりますからね。

私的には、小林秀雄か大江健三郎の文章がお勧めです。 新品を買うのはもったいなさすぎるので、 図書館で借りるか、アマゾンやブックオフで中古を買って 勉強の息抜きにでも読んでみてください。

ちなみに私が東大に受かった直後の5月頃、渋谷の本屋で大江健三郎の著書を見つけ、 ニート時代に読もうとしたら意味が分からずに挫折したことを思い出し、 何気に立ち読みしてみると、スラスラ読めるようになっていたのでビックリした覚えがあります。

みなさんにもあの時の私の様な感動を、味わってもらいたいものです。

古文編 古文は満点狙いでいこう

古文の勉強についてですが、 「単語と文法を覚えなきゃいけない」という点で 英語に似ています。

しかし、英語と違って古文は、 @覚えるべき単語、文法(助動詞、敬語)が少ない、 A問題文も英語に比べると大変簡単(特に東大)、 B元々は日本の言葉、 という3点から、満点狙いでいっていい科目だと思います。

@単語、文法共にロクに理解できてなかった私ですら、 1年間真面目に単語と文法を繰り返しやった結果、 受験本番で、センター試験、東大入試ともに、ほぼ満点をとりました。

単語と文法(特に助動詞、敬語)さえ覚えれば、 古文は大体訳すことができるようになります。

古文単語帳は何でも良いですので、英単語を覚える時みたいに何度も繰り返しやってください。 特に、「聞こす」とか「うつくし」などの、現代と意味が違う単語は きちんと覚えましょう。

文法は日宋社の薄い文法問題集(ピンク色で300円位)を2回くらい繰り返した後に 「マドンナ古文」などの文法参考書を読めば頭に入りやすいです。

Aこの記事を書く時に、2010年東大の古文問題をやってみたのですが、 助動詞の正確さを欠くものの、今でもわりと簡単に読めました。

東大の古文は、本当に簡単なのです。 東大だからって、ビビる必要はまったくありません。 得点できるところで確実に得点しておくためにも、 古文単語と古文文法をきちんと覚えましょう。

ちなみに問題を解く際は、問題文に付けられている注釈もきちんと読みましょう。 注釈に問題を解くヒントが隠されている場合が、結構ありますので。

B古文は元々日本の言葉です。 だからこそ、昔の私の様に 「古文なんて日本語だし、分かる単語もあるから勉強しなくても点取れるだろ」と 勘違いをする人も多いのではないでしょうか。

また、古文なんて受験が終われば、日本史学科にでも進学しない限り 何の役にも立たない科目です。 理系の人などは「古文なんて何の役に立つんだ」と 思う人が多いと思います。

まぁそれはそうなのですが、それを言っちゃうと受験勉強自体が 下らない、役に立たないものになってしまうのではないでしょうか。

古文や、ひいては受験勉強を通じて、 効率的な情報処理能力(文章の読み方、物事の考え方、表現方法etc.) を身に付ける手段を勉強すれば良いのです。

人間にとっての情報処理能力は、生涯に渡って使用する能力なので、 生涯に渡る能力の勉強を、 受験勉強を通して学べばいいわけです。

私もニートの頃はどうしようもない人間でしたが、 受験勉強を通じて、私の情報処理能力は格段に向上しました。 東大受験をしてなければ、今の私は無く ニートのままで今頃生活保護でも受けていたと思います。

まぁそれはともかく、古文ほど勉強すれば確実に点数が取れる科目はありません。 なので文系はもちろん、理系の人もきちんと勉強しましょう。 「東大に受かりたい〜!でも古文の勉強したくない〜!!」 などと駄々をこねて、古文(他の科目もですが)の勉強をしないような人間は、 東大から確実に拒絶されると、私は考えます。

漢文編 例文覚えて問題解いて終わり

東大2次には漢文も出ます。 古文だけでも面倒なのに、 なんで漢文なんてものも出題されるのでしょうか?

しかし出るからには勉強しないといけません。 漢文は例文を通して公式覚えて、問題解いて終わりで良いと思います。

何を使って例文を覚えるかですが、「漢文ヤマのヤマ」か 「早覚え速答法」のどちらかでいいのではないでしょうか。 私はヤマのヤマを使用しました。

単語も単語帳を使って勉強する必要は無く、ヤマのヤマに載ってる単語を 覚えるくらいでいいと思います。

あと、古文と同様に注意して欲しいのは、 問題解く時に「注釈をきちんと読む」ということです。 漢文の注釈には古文以上に解答へのヒントが隠されているので 必ず読んでください。

漢文も古文と同様、受験終われば役に立たない科目ですが、 そこそこやればそこそこ点が取れるし、 勉強する参考書も1冊、問題集も1冊、計2冊で何とかなるので、 理系の人も面倒くさがらずに勉強しましょう。

まとめ

国語は東大入試の第一発目にあります。 しかも、文系の人は150分という長丁場になります。 長い映画一本分ですが、実際に試験を受けてみると 150分なんてあっという間に過ぎていきます。

勉強すれば点が取れる、古文、漢文、漢字の書取りで 確実に点が取れるように勉強しておけば、現代文ができなくても 何とかなるというのが、私の国語に対する印象です。 (私は現代文こそ得点源でしたが)

特に理系の人は、古文、漢文でポイントを稼いでおけば、 現代文でヘマをしても数学で挽回できるので 古文と漢文は確実に勉強しておきましょう。

国語を「役に立たない科目」と決め付ける人もいますが、 日本で生まれて日本で育った私たちが物事を思考する時は、 日本語を使用して思考していますし、 何らかの情報を得る時も、自分の考えを表現する時も 日本語を使用していますので、受験の後も一生ついて回る科目です。

なので、一生涯の事を考えると、国語を勉強して損は無いと私は思います。 たとえ大学卒業後に日本を脱出して、外資で年収3000万円になるとしても、 そもそも思考力が鍛えてられないとそんな職にはつけないということです。

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>